雪雀

この曲の表示回数 4,464
歌手:

古都清乃


作詞:

木下龍太郎


作曲:

伊藤雪彦


ひとりぼっちじゃ 無理だけど
連れがあるから 生きられる
すずめ すずめ 二人はすずめ
この世の冬の 雪雀
互いの愛の ぬくもりで
凍えた羽を あたためる

惚れた貴方の 夢ならば
親も捨てます ふるさとも
すずめ すずめ 二人はすずめ
泣いたら負ける 雪雀
心に点もす 命火が
迷った時の 道しるべ

肌を刺すよな 北風も
少しゆるんで 春間近
すずめ すずめ 二人はすずめ
世間の隅の 雪雀
苦労の冬を 越えたなら
明日は空へ 舞い上がる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雪雀 歌手:古都清乃

古都清乃の新着情報

  • 命船 / ♪名もない船よのせとくれ
  • 潮来育ち / ♪橋のたもとの茶山花の
  • 初恋笠 / ♪あなたひとりに情立て通し
  • 潮来笠 / ♪潮来の伊太郎ちょっと見なれば
  • 伊太郎旅唄 / ♪筑波山さえ男体女体

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-09-22
商品番号:VICL-41254
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP