五十雀

この曲の表示回数 10,302
歌手:

古都清乃


作詞:

木下龍太郎


作曲:

水森英夫


甘えさせたり 甘えてみたり
誉(ほ)めてあげたり 叱ったり
無駄に人生 歩いて来ない
男ごころは お見通し
鳥なら山雀(やまがら) 四十雀(しじゅうから)
女はやっぱり 五十雀(ごじゅうから)

恋もしました 一度や二度は
夢も見ました 人並に
酸(す)いも甘いも 知ってるだけに
かゆい所に 手が届く
好みはそれぞれ 違っても
女はやっぱり 五十雀

今度誰かを 愛したならば
きっと最後の 恋になる
夢も中半で 迷っていたら
そっと後押し するつもり
鳥なら山雀 四十雀
女はやっぱり 五十雀
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:五十雀 歌手:古都清乃

古都清乃の新着情報

  • 命船 / ♪名もない船よのせとくれ
  • 潮来育ち / ♪橋のたもとの茶山花の
  • 初恋笠 / ♪あなたひとりに情立て通し
  • 潮来笠 / ♪潮来の伊太郎ちょっと見なれば
  • 伊太郎旅唄 / ♪筑波山さえ男体女体

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-03-24
商品番号:VICL-35785
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP