雨音

この曲の表示回数 2,729

雨の日ばかりが続くので、あの人の家を訪ねてみました。
あの人の家は急に潮の香りの強くなる岬の側にあって、
低い雲のたれこめた今日は、
細かな雨粒からきりもなく海に消えてゆくのです。
呼び鈴をふたつ。それから少しお行儀悪く門の中をのぞきこんで、
どうしてこんなに好きなんだろう。傾けた水色の傘に問いかけてしまう。
けれどあの人は困ったようにドアをあけて、
今日の雨よりも寒い目でドアをあけて。
私は用意していた笑顔も、練習していたさりげない言葉もなくしてしまう。

雨音しか もう聞こえない

風にまかれて やせた木の葉が舞う
季節の移ろいのただ中
あなたの笑顔 胸に抱く道は
いつも寒くはなかった

濡れて飛ぶ 海の翼に
果てもなく 雨は続く

生まれかわり 出会いたい人

やがて誰もが 家に帰るでしょう
あなたは誰のもと 帰るの?
どんな噂も怖くはなかった
私がにじむ雨音

やがて誰もが 家に帰るでしょう
私は誰のもと 帰るの?

あなたの笑顔 胸に抱く道は
いつも寒くはなかった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨音 歌手:吉田真里子

吉田真里子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1989-09-01
商品番号:32DH5294
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP