雪簾

この曲の表示回数 4,967
歌手:

清水博正


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

岡千秋


赤ちょうちんが…
雪にちらちら ゆれている
ここは花園 裏通り
ひとりぼっちで 飲む酒は
遠い昔と かくれんぼ
今じゃ帰れぬ 故郷(ふるさと)が
胸のすき間で 見え隠れ

夢という奴ぁよ…
とうの昔に 捨てたけど
忘れられない 国訛(なま)り
こんな姿を おふくろが
生きていたなら 何歳(いくつ)やら
酔えば涙に なるものを
詫びる心に 積(つも)る雪

根無し草にもよ…
好いて好かれた 女(ひと)がいた
畳ひと間の あの暮し
酒よ俺にも いいことが
ひとつふたつは あったけど
肩を細める 陸橋(ガード)下
春はいつ来る 雪簾(ゆきすだれ)
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雪簾 歌手:清水博正

清水博正の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-06-22
商品番号:TECE-3376
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP