赤い波止場

この曲の表示回数 11,198
歌手:

井上由美子


作詞:

たかたかし


作曲:

弦哲也


赤い花びら 波に散る
命の薄さに 泣けてくる
あなたを忘れて この港町(まち)で
どうして生きたら いいのでしょうか
ひとり海峡 霧がふる
あぁ未練の 未練の波止場

待てと一言 いわれたら
百年千年 待てるのに
あなたの心の はんぶんを
残してください 汽笛よ船よ
胸のほくろに 霧がふる
あぁ女の 女の波止場

夜の海峡 船がゆく
死ぬほどあなたが 好きなのに
ふたたび逢う日は ないものを
それでも来る日を 涙で祈る
女ごころに 霧がふる
あぁ未練の 未練の波止場
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:赤い波止場 歌手:井上由美子

井上由美子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-09-23
商品番号:KICM-840
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP