望郷しぐれ

この曲の表示回数 3,796
歌手:

神野美伽


作詞:

吉岡治


作曲:

市川昭介


汽笛がどこかで すすり哭く
淋しさしみる ひとり酒
あばよさよなら 故郷と
すてたあの夜の 里あかり
あゝゝなんでいまさら 恋しがる

小さなつぼみも それなりに
咲かせることが できたろに
ひとり東京の 片すみで
呼んでみたって とどかない
あゝゝ風が身に泌む 他人町

つかめば指から こぼれてく
叶わぬものが 夢なのか
あばよさよなら 故郷は
今日もしぐれか 雪の華
あゝゝ落ちる涙に 月灯り
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:望郷しぐれ 歌手:神野美伽

神野美伽の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1988-04-01
商品番号:R35H-1029
BMGビクター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP