試聴する

春の風

この曲の表示回数 7,862

舞い散る花びらが 街を染めてく
二人出会った あの日のように
ずっと彼女との事 誤解してたの
聞ける勇気も ないくせに

好きになればなるほど 疑い深くなって
そばにある幸せも 目をそむけた

どうかのこの想い気付いて
今にも溢れだしそうで
もしもあなたから聞かせてくれたなら…
心の奥でそう願った

通い慣れた舗道 いつものように
少し前を あなたが歩く
突然ふりむいて 私の右手
そっと優しく 握りしめた

いま吹きぬけてく風 春の匂いがしてる
昨日と少し違う 私がいる

ずっとかけがえのないもの
たわいもない笑い声と
ぬくもりが私をそっと包んでる…
もう一人じゃないって思った

不思議なの 嬉しいのにね いま涙こぼれた…

このまま夢を見るように
どこまでも歩いてゆける
たとえどんな淋しい夜 迎えても…
もう二度と負けないと誓った
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春の風 歌手:国仲涼子

国仲涼子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP