屋根の上からアッカンベー

この曲の表示回数 1,863
歌手:

安藤秀樹


作詞:

安藤秀樹


作曲:

安藤秀樹


君とあぐらをかいている
猫がゴミ箱 倒してる
洗濯物が揺れている
路地裏で

富士山は綿菓子抱いて
東京タワーは気取って
赤んぼが歩き始める
できたての命

ひまわりの花 背のびしたまま
虫アミを持った少年はどこ?

屋根の上から見る街は
光を浴びて 安らいで

逢い引きしている中学生
あくびしているポリスマン
男が男 口説いてる
スキャンダルなカメラ

ケンカしていた いたずらな子が
猫をなでながらしゃがみこむ

屋根の上から見る街は
光を浴びて 安らいで

屋根の上から見る街に
猫とKISSして アッカンベー
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:屋根の上からアッカンベー 歌手:安藤秀樹

安藤秀樹の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990-05-21
商品番号:ESCB-1056
エピックレコードジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP