君はともだち

この曲の表示回数 4,296
歌手:

安藤秀樹


作詞:

安藤秀樹


作曲:

安藤秀樹


こわされたままの遊園地
木枯らし吹く スタジアム
君のエンジのマフラーには
白い犬のブローチ

風のように過ぎてく日々の中で
偶然と宿命の君と僕だから

散らばった人の波が
埋もれる交差点
君を見失いそうな
落ち葉がとんでゆく

あれから何度もすれ違っては
長い髪を切って君は結ばれる

君はともだち いつでもそばにいるよ
君はともだちだから忘れたりしない

まつげを伏せたしぐさも
少し大人びて
最後に細い指先が
僕の口に触れ

風のように過ぎてもさよならは見えない
偶然と宿命の君と僕だから

君はともだち いつでもそばにいるよ
君はともだちだから忘れたりしない

あれから何度もすれ違うたび
一瞬と永遠は同じものだから

静かに出てゆく君の車を追って
遠ざかる船に投げるような届かない花びら

君はともだち いつでもそばにいるよ
君はともだちだから忘れたりしない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:君はともだち 歌手:安藤秀樹

安藤秀樹の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990/05/21
商品番号:ESCB-1056
エピックレコードジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP