密漁の夜

この曲の表示回数 5,632
歌手:

三上寛


作詞:

友部正人


作曲:

友部正人


君は窓の中
いつのまにか
コックリ コックリ
眠ってしまったみたい
ぼくは窓の外
降りしきる雪の中
ひとりかけようと
ズボンをぬいている

ここ吹き嵐れるオホーツクの海を前にして
ぼくはとばされた一枚の紙きれだよ
そこに書かれた一行の書きおき
やがて月がでて サロマ湖のほとり
眠り白鳥もおきて歌い出す
月は空高く サロマ湖の上
陸の小舟も今夜旅に出る
ほら空にはハマナスの花が咲きみだれ
気がついてみるとぼくはもう
もう誰も信じちゃ いないみたい

犬が吠えるよ 煙草屋の屋根の上
オホーツクがいまにもあふれそうだし
漁師たちはトラックにまたがり
花咲く町のキャバレーへ
ぼくは君と二人
ふとんの中
風は湖をわたり
遠くの窓あかり
小さな欲望のほのおがゆれるよ

密漁の夜の 漁師たちは
サロマ湖のほとり
大木のようなサケに
抱かれて眠る
密漁の夜 漁師たちは
ストーブをかこみ
果てのない ほら話しに
顔を赤らめる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:密漁の夜 歌手:三上寛

三上寛の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP