赤い馬

この曲の表示回数 4,681
歌手:

三上寛


作詞:

三上寛


作曲:

三上寛


ここがいつから海だったかは知らない
赤い馬が泳いでいる
足もとの雲は鳥になり
飛び
色は消えて形だけが落ちて行く
腕が伸びる
地平線を掴んでいるのは私だ
体は遠くで浮かんでいる
花は咲いてるようにも見える
燃えてるようにも見える

失くなる事が有ることの
ここではほんのりとした証し
失くなる事が有ることの
ここではほんのりとした証し

宇宙はなにかの冗談だって
あなたは今喋ろうとしてる
その唇の動き
そのなんでもないちの流れの中で

ぬいぐるみ抱いて羽のふとん
夢見る瞳は星の輝き
ぬいぐるみ抱いて羽のふとん
夢みる瞳は星の輝き

考えられない事も
考えてしまった事も
それは浜辺に打ち上げられた
一枚の貝殻
そこから出て来る光
忘れてしまった事も
思い出した事も
それは穏やかに曲って行く
波の音

ここがいつから海だったかは知らない
私がいつから私だったかは知らない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:赤い馬 歌手:三上寛

三上寛の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP