ロッククライミング

この曲の表示回数 2,592
歌手:

ずうとるび


作詞:

山田隆夫


作曲:

山田隆夫


17才の春休みに僕は彼女と富士山に登ったよ
バスがゆれると隣の彼女のボインがふれたっけ
もっとゆれないかな 僕はもうコチコチだよ
胸はドキドキ
早く登りたい、富士山のテッペンへ

富士山のスソにつくとすぐに僕は見上げたよ
とっても大きなボインの様で彼女の胸と見くらべた
ところがいざ上を見ると雨雲張り出している
今にも降りそうだよ あわてて登って行ったら
カカトがクツズレしたよ 皮がめくれちゃって
痛かった富士山の六合目

夕焼けの富士は とってもキレイだが、
空カンどんどん捨ててるよ そんなに捨てないで
皆んなとっても悪い人 もう来年は来ないよ
さよなら 富士山の七合目
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ロッククライミング 歌手:ずうとるび

ずうとるびの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP