試聴する

風詠む季節

この曲の表示回数 28,973
歌手:

indigo la End


作詞:

川谷絵音


作曲:

川谷絵音


手紙を書いたあの日には今日が来るなんて思ってなかった
空気が変わる季節の間を君は綺麗にすり抜けた
どこが好きかと聞かれて
横顔と答えたら怒られたんだ
そんなとこも好きと言うセリフを
風に渡した

もう離さないなんて言わないけど
離れないでね
選ぶ権利は僕にないとか冗談も言わないでね
今日はいつもより真面目なんだ

アナログな想いの伝え方に恥ずかしそうにしながら
「しょうがない」と言う横顔を眺めていた
何度も季節を通過して
今日がやってきた

もう離さないなんて言わないけど
離れないでね
選ぶ権利は僕にないとか冗談も言わないでね
今日はいつもより真面目なんだ

心の隙間に吹き込んだ
僕の風は音もなく忍び込んだ
想像通りのはずなのに
涙が止まらなくなった
キラリと光る溢れた温度を
僕は掬い上げた

もう離さないなんて言わないはずの僕なのに
今日は変だな、幸せだな
いつもより真面目で良かった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:風詠む季節 歌手:indigo la End

indigo la Endの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-02-03
商品番号:WPCL-12302
ワーナーミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP