朝のおもさ

この曲の表示回数 5,069

白い窓辺に 揺れてる
とぎれとぎれの 波間に
細い指のような風が
夜の長さ 数える

壁に飾った 写真の
空の青さを 見つめて
今日は今日で 誰も居ない
朝のおもさ かかえる

一日を一年かけるよに 過ごして
自分さえも 許した
眠れない 部屋にも
やがて 夜が明ければ
何も知らぬ光が 差し込む

聴かないための ラジオや
読まない本は あっても
絶望なんて ありはしない
朝のおもさ それだけ

心からカラダへ 駆け抜ける声にも
思いどおり 行かない
眠れない男の
飲みかけの カップに
生まれたての光が 差し込む

一日を一年かけるよに 過ごして
自分さえも 許した
眠れない 部屋にも
やがて 夜が明ければ
何も知らぬ光が 差し込む

光が差し込む
何も知らない 光が差し込む…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:朝のおもさ 歌手:ビートたけし

ビートたけしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1987/07/29
商品番号:VDR-1400
ビクターエンタテインメント株式会社

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP