言いつづけて

この曲の表示回数 6,593

ガラス窓から ひとり覗いた
誰もいない 夜の広場
雨まじりの風 吹いても
誰も 寒くないだろう

笑われるため 胸の中には
倍の涙 あるとしても
気晴らしにさえも ならない
そんな奴も いるけど

初めて 見つめあう
オマエの心に 何かを
言いつづけた

冷たい風の中
さからう瞳に 今まで
言いつづけた 意味がひびく

女に手紙 わたす時には
倍の言葉 こめたフリで
そんな仕業 出来ずに
恋が あってもなくても

初めて 交わしあう
オマエの心に すべてを
言いつづけて

悲しい風のなか
カラダ かわかす未来に
言いつづけて 夢はあると

初めて 見つめあう
オマエの心に 何かを
言いつづけた

冷たい風の中
さからう瞳に 今まで
言いつづけた 意味がひびく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:言いつづけて 歌手:ビートたけし

ビートたけしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1987/07/29
商品番号:VDR-1400
ビクターエンタテインメント株式会社

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP