都会交響楽

藤本二三吉

都会交響楽

作詞:西条八十
作曲:佐々紅華
発売日:1999/01/21
この曲の表示回数:5,344回

都会交響楽
わたしゃ芸者よ ながれの小舟(おぶね)
ながれながれて あてない浮世
櫂(かい)は三すじの糸と撥(ばち) 糸と撥

わたしゃデパートの マネキン娘
昼の日なかを あの店(たな)ざらし
顔で笑って腹で泣く 腹で泣く

女よいもの 情で生きる
惚れりゃ地獄の底までも
好いて好かれりゃ 命もいらぬ
どうせ縁(えにし)はニ世(にせ)三世(さんせ)

一度なりたや 野球の選手
恋のデッド・ボール 雨ほど受けて
見事うちたいホームラン ホームラン

プロレタリヤに どこ見て惚れた
朝の作業の 菜っ葉の服よ
振ったハンマーのほどのよさ ほどのよさ

男よいもの 力で生きる
意地と我慢の横車
押して押されて 命もいらぬ
どうせ浮世は七ころび

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム