壺坂小唄

この曲の表示回数 4,019
歌手:

天津羽衣


作詞:

藤田まさと


作曲:

陸奥明


恋のいろはを 手さぐりに
書いておしえて 三年(みとせ)越し
杖になりたや 心のつえに
三つ違いの えーえまあ 兄(あに)さんの

「あんまりです。あんまりです。沢市っあん、お目が見えないばっかりに、
世間の口に欺されて、夫の為なら、命までもと誓っている女房まで、疑う
なんて、それではあんまりこの里が可哀そうです。え、可哀そうです。」

人の噂を 真にうけて
愛憎ずかしや 悋気沙汰(りんきざた)
わけがあるなら 撲(ぶた)れもするが
割って見せたい えーえまあ この胸を

今日も聞える 壺坂の
諸行無常の 鐘の声
鏡に情けが 若しあるならば
せめて夫を えーえまあ 元の身に
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:壺坂小唄 歌手:天津羽衣

天津羽衣の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-08-23
商品番号:TECE-25178
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP