Licht

この曲の表示回数 7,585

ノイズにまみれた景色
歪むフレームでは 世界は半分が夜のままで
黒で塗りつぶした 胸の闇も

いつから光が灯り 僕を照らしていた
夢中で歩いてた 顔をあげて
こんなにも世界は ああ 輝いていた

生まれ落ちた意味も答えも 疑うこと許されなくても
きみが 帰る愛しい場所を
きっと守るためだけ ただ僕は生きている ここにいる

ナイフで切り取った過去を
指でなぞったなら せき止めた思いが色をつけて
戸惑う僕に降る いま雨に変わるよ

抱えきれない運命でも 痛みでも 僕だけが受けよう
きみが 灯したこの光
不器用でもいいから 僕なりのやり方で 守るから

子供みたいに泣きじゃくって はしゃぐ無邪気さ そっとうらやんだ
無垢な感情には あの日 重い鎖をかけて彼方に葬ってた

生まれ落ちた理由を見つけた 信じることの意味も覚えた
降り注ぐ光と笑顔
いつも守るためだけ いま僕は生きている ここにいる

ずっと守ってゆくよ いつか風になっても 守るから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Licht 歌手:皆城総士(喜安浩平)

皆城総士(喜安浩平)の新着情報

  • philosophia / ♪どんな夢もみた頃は舞い上がる
  • terra / ♪怯えたこころに宿る悲しみは

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP