terra

蒼穹のファフナー イメージソング

この曲の表示回数 8,921

怯えたこころに 宿る悲しみは
螺旋に連なる闇に くべてきた
静かなこころに 何を宿そうか
情熱を冷ます 氷の破片(かけら)か

いまはすれ違う だけど 解りあえる きっと
風に打たれ強くなる 冬枯れの樹のように
根を拡げてよう

この果てしない大地 空と海と その笑顔守るなら
僕なら 何も怖くない 何もいらない
真実から目をそらさずに
揺らぎのないこころのままに

祈りはいつでも 絶望に満ちて
救いはいつでも 胸の中にある

見えるもの 見えないもの それぞれの痛みを
ひとつずつ覚えながら 冬枯れの樹のように
受け止めてゆこう

この風渡る大地 空と海と きみをただ守るため
孤独も 何も怖くない 傷などない
遥か遠く 視線を投げて
まだ見ぬもの 見つめていよう

かけがえないもの 信じるもの そのすべて守るなら
僕なら 何も惜しくない 何もかもさ
いつかきっと こころはきっと
解き放たれ ひとつになれる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:terra 歌手:皆城総士(喜安浩平)

皆城総士(喜安浩平)の新着情報

  • philosophia / ♪どんな夢もみた頃は舞い上がる
  • Licht / ♪ノイズにまみれた景色

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004/12/22
商品番号:KICA-664
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP