宮崎京一作曲の歌詞一覧リスト  69曲中 1-69曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
69曲中 1-69曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Snow Tears中島由貴中島由貴山本メーコ宮崎京一マフラーで隠したのは 耳が少し熱いから いつもバカしてるキミが 今日はなんだか大人みたい  「今年は特別寒いらしいね」 白い息はいてキミが言った 恋なんかじゃないのに、フシギだなんで? 体感温度がこわれたみたい  ふわり 雪が キミの肩におち 溶けきれないまま 戸惑ってる  かんちがい スキじゃない かき消すほど 降り積もって世界をそめる だまってる横顔が いつもよりも痛いよ 白く真っ白く ふたり以外 消えてしまえばいいのにな ふわふわ ふわりと 初めての恋だから 止まらない  手袋を外したのは 甘い期待なんかじゃない キミが手渡してくれたココアの 温度を両手で包みこむ  じわり 熱が 胸にしみ込んで 前みたくはしゃげない 立ち止まってる  すれちがい スキじゃない この想いを 知らずに居れたら良かったな 透明な瞳は いつもよりも遠くて 白く真っ白く 積もる恋に 最初の一歩を踏み出せば 汚してしまうかな 無邪気な朝のように 飛び出したい  いつか 恋も キミの肩におち 溶けたら何かが 変わるのかな  かんちがい スキじゃない かき消すほど 降り積もって世界をそめる だまってる横顔が いつもよりも痛いよ 白く真っ白く ふたり以外 消えてしまえばいいのにな ふわふわ ふわりと 初めての恋だから しろいまま
EndlessRoadVTuber可憐・VTuber咲耶・VTuber花穂・VTuber衛・VTuber亞里亞VTuber可憐・VTuber咲耶・VTuber花穂・VTuber衛・VTuber亞里亞雨野どんぐり宮崎京一青い空 どこまでも 幸せの鐘が響いてく  あなたが、好きです。 朝の光の中 一番最初に想うひとはいつも  あなたが、好きです。 変わらない景色に 当たり前のようにそこで 微笑んでる奇跡  いつから始まったのか いつまで続いてくのか 目を閉じて願っても 確かなものはひとつだけ  あふれて こぼれてく(こぼれてく) 胸があつくなる(あつくなる) こんなに こんなに うれしくて ああ  まるで夢のような(夢見て) 甘いせつなさに(このまま) ずっとね ずっとね 包まれていたい あなたと  青い空 どこまでも 幸せの鐘が響いてく  あなたが凍える 真夜中のすき間に 悲しい夢を見たなら すぐ飛んでいくから  めぐる季節のなかで 流れる時のなかで 大切にしていたい 変わらないこの気持ちを  そんなはずないよと(心の) あなた 笑っても(奥に) 変だよ 変だよ まるで未来が見えるみたい  瞬間が重なって 伸びてゆく道を信じてる  明日も目覚めたい おんなじ世界に まわる まわる あなたのそばで  あふれて こぼれてく(こぼれてく) 胸があつくなる(あつくなる) こんなに こんなに うれしくて ああ  まるで夢のような(夢見て) 甘いせつなさに(このまま) ずっとね ずっとね 包まれていたい あなたと  青い空 どこまでも 幸せの鐘が響いてく
STORYSparQlewSparQlew宮崎京一宮崎京一なんて事無い様なこの毎日が いつもより寂しいって思えるんだよ またいつか会えるよね そう信じて さようならは言えなくて  見慣れない街の灯に思い出すよ 暖かい春の日の君の笑顔 ありふれた日常が愛しくて 君がいない この街で  僕たちは歩き出すんだ お互いの歩幅で この場所で  ただ笑っていて 笑っていて 幸せでいて 君がいない その無力さに たまにそう挫けそうになるよ  ただこの世界が そんな世界に慣れてくるかな? それはそれで切ないけれど 笑いあったあの日々を思い出すんだ  なんとなく描いてた あの未来に 少しでも 一歩づつ進んでるかな? 真っ白な地図眺め 歩くけど それはみんな 同じだね  繰り返す迷いや不安 一欠片の勇気 それだけで  ただ君がいたら 君がいたら 考えるんだ 別れ際 手を振る君の あの涙忘れられそうに無い  遠く離れてても 離れてても思っているよ 君と同じ空の下で 迷いながらも一人で歩いてくから  ただ笑っていて 笑っていて 幸せでいて 君がいない その無力さに たまにそう挫けそうになるよ  ただこの世界が そんな世界に慣れてくるかな? それはそれで切ないけれど 笑いあったあの日々を思い出すんだ  僕たちの物語は続いていくんだ
Dreamer合唱団わをん合唱団わをんAiRI宮崎京一胸の奥が高鳴る 熱い声に気付いたら スタートラインは君の目の前にある まだ見えない道でも走り始めればいいさ あきらめるよりも素敵だと思わない?  いつも不安はすぐそばで 駆け出す想いを締め付けるけれど 今を越えて歩き出す 未知なる未来(みち)に光を 初めてを繰り返し 掴み取れ明日を  そうさ僕達は無限の夢抱きしめ進むのさ 輝いてる 自分を信じたい 立ち上がる力に最大の愛をこめて 思うまま旅立とう 新しい世界の中へ  自分の不甲斐なさに 動けない日もあるけど 涙の数だけ強さを求めている まだ見えない未来は 君しだいで変わってく 手探りでもいい 創り始めてみない?  空にキラメク幾億の星と同じ数 願いがあるから いつの時代(とき)も 僕達はいつでも夢を見ている 果ての果て 飛び越えて どこまでも行けるさ  そして僕達の思いは明日(あす)へと続いていくさ 輝き出す 自分を信じてる 立ち止まりながらも 少しずつ現在(いま)をこえて 踏み出した その後に広がる未来が見える  そうさ僕達は無限の夢抱きしめ進むのさ 輝いてる 自分を信じたい 立ち上がる力に最大の愛をこめて 思うまま旅立とう 僕等が描き出す光の中へ
Magical BabyrinthDA PUMPDA PUMPSoflan Daichi・宮崎京一・RAP詞:KIMI (DA PUMP)宮崎京一yeah! we're just getting started! 魔入り舞って pump it up!  Yeah! バビバビる! バビバビる! Yeah! バビバビバビバビバビバビバビバビる! Yeah! バビバビバビバビバビバビバビバビる!  刺激ターリナイ さぁ いっちょパーリナイ どんな逆境も バリバリウェルカム 行きましょParadise 変えてけParadigm(パラダイム)  目覚める自分に バリバリビビるぜ  C'mon!C'mon!オーマイガッ! モテまくりんぐ! 欲求がRock you! What's up? Ah まいまいまいるぜ Oh My Girl!  この世は!アイヤイヤ パーリータイム!アイヤイヤ 摩訶不思議な バビリンスさ まぶしいぜ!魔入ります!  Yeah! バビバビバビバビバビバビバビバビる! check it out!バビる~ yeah さぁ いっちょ パーリナイト! Yeah! バビバビバビバビバビバビバビバビる! アイアイヤ!摩訶不思議なバビリンス!  評価は High & Low 探ってHi, Hello? 他人の視線を 気にしちゃDamn it! Damn it! 前向いて行こう! 運命にさぁ抵抗 つまずかないように 下ばっか見ないで  C'mon!C'mon!Oh My Fate! いつだってHigh light 刻もうHigh life Let's go! さぁ!まいまいまいるぜ Oh My Way!  予想を!アイヤイヤ 裏切って!アイヤイヤ そう期待は裏切らない そんな未来(あす)にしよう  Yeah! バビバビバビバビバビバビバビバビる! c'mon!c'mon!over the world! まいまいまいるぜ oh my girl Yeah! バビバビバビバビバビバビバビバビる! 魔入り出したら止まらない don't stop! here go!here go!yo!パーリー  短所も!アイヤイヤ 長所さ!アイヤイヤ コインのような表裏一体 返せば君の武器! この世は!アイヤイヤ パー リー タイム!アイヤイヤ 摩訶不思議な バビリンスさ Every dayがまぶしいぜ!  Yeah! バビバビバビバビバビバビバビバビる! もういっちょ上げてくぞ 天まで届け yeah Yeah! バビバビバビバビバビバビバビバビる! 悩んだってしょうがない 損はない いつだって大笑い バビバビバビバビバビバビバビバビる! どんな過去や未来 it's all right enjoyして 気分爽快 バビバビバビバビバビバビバビバビる! 魔入り出したら止まらない don't stop! here go! here go! Yo!パーリー
EGOIST東城陽奏東城陽奏RUCCA宮崎京一今以上 これ以上 心まで 惑わさないで 見透かされそう リアルな“Love you”  呼吸するように 汚い嘘吐(つ)く 罪悪感とか ゴミ同然なんだね ダイアと揶揄した 瞳は冷たい 傷付く演技が 下手過ぎて 滑稽さ  癒えない 消えない 毒みたい その唇 映画の受け売りじみた科白(セリフ)で “Missing you”  今以上 これ以上 僕のすべて 惑わさないで 言葉とは 裏腹に 恋心が 募ってく Doubt 虚構(フェイク)の先 きっと 隠した真相 泣きじゃくる君が居る そんな都合良い夢見るよ  「割り切りと云えば 後腐れないね」 血の通わぬ嘘 巧くなったアイロニー  君から云わない “I hate you”の所為(せい)にしては いつから僕等は まるで共犯者みたい  もう2度と… もう1度… 今日と明日が 擦れ違うよ 切なさに 恋しさを 求めるほど 壊れてく Doubt 僕のほうが ずっと 可笑(おか)しいかもね 不意に魅せた笑顔に すべてを許してしまう  君から聴けない “I love you”の所為(せい)にしては いつから僕等は まるで共犯者みたい  今以上 これ以上 僕のすべて 惑わさないで 言葉とは 裏腹に 恋心が 募ってく もう2度と… もう1度… 今日と明日が 擦れ違うよ 切なさに 恋しさを 求めるほど 壊れてく Doubt 虚構(フェイク)の先 きっと 隠した真相 泣きじゃくる君が居る そんな都合良い夢見るよ
sympathy下野紘下野紘RUCCA宮崎京一急ぎ脚の十字路で 落し物を見つけた だけど誰も 見て見ぬフリをして 過ぎてく 肩の当たる狭い都会(まち) ムスっとするより…Image すれ違うひとり ひとりにも ストーリーがある  ほら 誰かだけを中心に 地球(せかい)は回っていない みんな居なきゃ 回らない  君と逢えたこと それに「サンキュー」 照れている場合じゃない ありのままに 今日を生きるひとへ「サンキュー」 辛い瞬間(とき) 嬉しい瞬間(とき) 伝えたいよ 片時も離さない その笑顔 繋ぐ sympathy  電車2本分早く 駅に着いただけで まるで違う ひとやドラマへと出逢う 不思議さ  ほら 掛け違えたボタンさえ 真心(こころ)で話せるなら 何も問題はない  いつも居てくれて 本当「サンキュー」 ひとりでは頑張れない ダメな奴さ その代わり 君のために 傘となり 涙拭こう 嘘にしない ヒーローじゃないけれど いつだって 味方でいるよ  ねえ すべて 忘れないよ 写真では撮りきれない メロディーまで 唇が紡ぐ「サンキュー」 愉しいほど 嬉しいほど 溢(あふ)れるよ  真心(こころ)から 本当「サンキュー」 照れている場合じゃない ありのままに 今日を生きるひとへ「サンキュー」 辛い瞬間(とき) 嬉しい瞬間(とき) 伝えたいよ 片時も離さない その笑顔 繋ぐ sympathy
キミがいた季節ホムラ(社本悠)&ハルカ(直田姫奈)ホムラ(社本悠)&ハルカ(直田姫奈)宮崎京一宮崎京一言いたいこと 伝えられなくて 気持ちがそう すれ違っていって 分かってたの この想いが君に届かない事 こんなにただ シンプルな言葉 言えなかった 嫌われそうだし 切なさがループする あの日に帰れるなら  そうだね もっと 素直でいれば良かった 後悔ばかりして そんな日々が ずっと続く 君がいない それが 現実なんだ  季節が流れてく (流れてく) 私を置いていく (置いてく) さよならも言えずに この想いも 言えず 君の影 (君の影) 思い出に変わってく (変わってく) その背中 追いかけ 言いたかった 好きだよ  いなくなって気づく事ばかり 愛しい癖 愛しい笑顔に 当たり前の毎日 それが幸せだった  いつからなの 分かってたよ 君の嘘 気づかない振りして 君のこころ 離れていく 戻れるなら あの日 伝えたかった  ふとしたキッカケで (キッカケで) 未来が変わってく (変わってく) 並んで歩いた日 思い出すよ 今も 握った手 (握った手) 君のその温もりを (温もりを) 忘れたくないけど 忘れなきゃね 明日は  その笑顔 (その笑顔) その仕草 (その仕草) 愛しい日 (愛しい日) もう 消えて  流れてく (流れてく) 季節が流れていく (流れてく) さよならも言えずに この想いも言えず 君の影 (君の影) 思い出に変わってく (変わってく) その背中 追いかけ 言いたかった 好きだよ
Distance村川梨衣村川梨衣宮崎京一宮崎京一どれだけ離れているのかな キミの面影 思い出す ふとした時に  思い出の中 微笑んでる その横顔 何気ない日々が大切なんだと思う気持ち それに今気づいたんだ  キミと笑って過ごした日 キミと言い合って泣いた日 キミと過ごした日々 愛しい日々 大切だよ  ねぇ どれだけ離れているのかな? キミの温もり 思い出しているよ 遠くに見えるあの街の灯 キミは笑えてるかな…  出会った事は偶然じゃない そうだよね? 安らげる場所が ここにあるんだと知ったあの日 優しさの意味を知った  キミと見た 澄んだ夜空に 一つ見つけた流れ星 ずっと忘れないよ どんな時も そばにいたい  ねぇ キミと二人 ただそれだけで 幸せだった それに気づけたんだ 心の中にある言葉を キミに伝えたかった  ねぇ どれだけ離れているのかな? キミの面影 思い出しているよ  ねぇ キミが笑ってくれるだけで 何よりそれが幸せだったんだ 遠くに見えるあの街の灯 キミはどうしてるかな…  きっとまた会えるよね
約束▼ダーリン戸松遥戸松遥古屋真宮崎京一ちゃんと伝えてよDarling 否定も肯定もさせない 隙だらけなのよDarling 弱さも時には見たいんです  計画倒れのParty 新しいグロスも待ちぼうけ 勇気が勝つのよKiss Me 焦るくらいの刺激に期待です  触れた先に 心を繋げたら 新しい 未来へ誘う 扉を開けるわ  正々堂々愛情 もっと届けてく ねえ 大きな一歩を 踏み出したい頃でしょ? そう きっと 等身大の想いを まだ探してる 送りたい 夢中にさせるから ずっと見ててね  憂鬱な気持ちをCleaning 気分なんてイメージ次第です せっかくなんだからSmiley 新しい景色咲かせるんです  低気圧が 傘を開かせたら ちょっと冷えた その手に触れて 笑ってあげるから  曖昧相性純情 全部信じてく ねえ 小さな一歩も 叶えてきた今でしょ? もう少し 急上昇の気分を 彩りたいな 止まらない 希望伝えるから ちゃんと聴いてね  言いかけてた 言葉を言わせるわ どんな時も 変わらず同じ 歩幅で行けるから  正々堂々愛情 もっと届けてこう ねえ 大きな一歩を 踏み出したいはずでしょ? そう きっと 等身大の想いは 広がりながら 続いてく 夢中にさせるから ずっと見ててね
Say Goodbye立花理香立花理香宮崎京一宮崎京一さよなら さよなら 遠い春の日の記憶が溢れて  いつもの様に手をつないだ 君の横顔 すごく好きだったよ 君と会って いつも君と居たね 二人笑いあった日 今も覚えてるよ  誰かが言ってた世界の終わりが あの日だったら良かったのにな…  さよなら(さようなら)さよなら(さよなら) 遠い春の日の記憶が溢れて 伸びた二つの影と口ずさんだメロディー あんな時間が(いつまでも)ずっと続いて欲しかった…  君がついた わかりやすい嘘に 気づかないフリしてた そんなバカじゃないよ…  答えを探して 理由を探した 素直になれたら良かったのかな…  さよなら(さようなら)さよなら(さよなら) あの日の二人に戻れないよ もう 何気なく過ごした日 喧嘩をしたあの日も その全てが(いつまでも)私の中で宝物  さよなら(さようなら)さよなら(さよなら) 遠い春の日の記憶が溢れて  さよなら(さようなら)さよなら(さよなら) 忘れられないよ 忘れたくないよ 君の温もり感じ 二人歩いたあの日 あんな時間が(いつまでも)ずっと続いて欲しかった…  今でも好きだよ 会いたいよ すぐに 眼を閉じれば君の影  あの春の風と あの花の香り 愛しかった日に さよなら
自分たちの恋に限ってフューチャーガールズ(AKB48)フューチャーガールズ(AKB48)秋元康宮崎京一モノレールが空にぶら下がるように アール描(えが)き この街から出て行く ドアのガラスに凭(もた)れている 君のシルエットが寂しそうだ  まさかこんな簡単に終わるなんて 本人でさえ 予想できなかったよ いつもと同じ どうでもいい 言い合いだと思っていた  5分くらい 黙ってれば 台風は過ぎて行く 君は記憶を喪失したのか 普通になる  自分たちの恋に限って そう 壊れはしないと思ってた 永遠に続くだろうと 根拠のない自信があったんだ 喧嘩をしたって ひどいこと言ったって それは一瞬のゲリラ豪雨 君がどんなに 愛に噛み付いても 僕は動じなかったのに… なぜだろう?  黄昏ならやがて諦めるように 空と街の境界線を消し去る ずっと交わることなどない 関係なんて無駄なだけだ  君は下ろしたてのそのサンダルが 歩きにくいと何度も足を止めた デザインだけを気に入っても そんな無理は続かないね  我慢なんかしなくたって なるようになっただろう 星は事情を全く知らずに 輝き出す  自分たちの恋に限って そう 事件はないって思ってた 平凡でつまらないのは 幸せだって誰かが言ってたよ キスとかしたって 思い切り抱いたって それも恋人のルーチンなのか 僕がこんなに 愛を理解しても 君はあっけないほど… 背を向けた  自分たちの恋に限って そう 壊れはしないと思ってた 永遠に続くだろうと 根拠のない自信があったんだ 喧嘩をしたって ひどいこと言ったって それは一瞬のゲリラ豪雨 君がどんなに 愛に噛み付いても 僕は動じなかったのに… なぜだろう?
十五の月紺(本渡楓)紺(本渡楓)lotta宮崎京一蒼く光る 孤高の月に ひとり 夢 重ねてみては やがて 開く 十五の花を 待ちわびていたの…  こぼれ落ちそうな 満天の星 ひとりでは 持て余して 募る想い 紙飛行機に 乗せて飛ばしていた  いつか出会う 未だ見ぬ君に 憧れを馳せながら 宙(そら)に広がる 未知の世界に 胸を震わせてた  白く光る 下弦の月に ひとり 夢 重ねてみては やがて 開く 十五の扉 待ちこがれてたの…  君と出会って 開けた世界 ひとりでは 見えなかった 未来 笑顔 暖かい日々 愛おしく思えた  冷た過ぎて 凍える夜も もう 寂しくはないね 君といれたら 流れる星も 綺麗に見えるんだ  キラリ キラリ 瞬く星を 君と何度も数えたら ひとつ ふたつ つながる絆 優しさあふれた…  暗い暗い 雲間の月も 君と 夢 重ねてみたら ずっと ずっと 心強くて 風が吹いた…  キラリ キラリ 瞬く世界 君となら泳いでゆける みっつ よっつ つながる絆 心がほどけた…
ドキドキがいっぱい!千矢(原田彩楓)千矢(原田彩楓)rino宮崎京一最高にドキドキしてる! 会いに来たの はじめてはじまり  待ちきれなくて 飛び越えたくなっちゃう 憧れの町 何がまってるの  小さなころから ずっと楽しみだった 会いたい人は どこにいます?  こころわくわく うららかびより ぽんぽこー 大好きなにおい たぬき きつね ねこ  みんなで賑やかがいい はじめてだよ 友達って 一緒に笑顔がいいな 集まったなら どんなことだって出来そう  勉強は苦手 はさみは大っ嫌い でもこの町は大好きなんです  あやまる時は おなかを見せなくちゃ 布は少なめ 身軽がいい  知らないことに びっくりの連続 山の奥にはないこと ぜんぶ面白い  最高にドキドキしてる! 背中(ゆめ)は遠く 見えないから 一番占になって 振り向かせたい 絶対に諦めない  未来もきっと うららかびより もっと面白くなるね たぬき きつね ねこ 大好きみんなで  もっとドキドキしたい! 遠い山に 届くくらい 一緒に笑顔がいいな 集まったなら どんなことだって出来そう
きらきらひかる。AiRIAiRIYo-Hey宮崎京一太陽が眩しくて目を細めた 本当は違うんだ君を見ていた そう あの夏の匂いも重ねあった手も いたずらな横顔 覚えているよ  心の声は 空を駆け巡るだけで 「好きだよ」言えず嘘ついた  あのとき君は笑ってた 淋しそうに笑っていた 僕は気付かないふりで遠くの空見てた 浮かんでくる場面には 淡い恋の音がしてた あの日の君が きらきら光ってる  青い海 見せたくて歩いた道 気付いたら僕たちの影が伸びてた そう 夕焼けに染まった あの防波堤で キスしたら何かが変わったのかな?  あれからいくつ夏を数えたんだろう すり抜けていく君がいた  あの日の僕が泣いていた 繋いでいる手を離した 君は悲しげに少し横目で俯いた セピアに舞う想い出は 輝きだけ残していく あの日の二人 きらきら光ってる  汐風の匂いは今もあの場所にあるけれど もう二人の影 君の背中 過ぎた景色は どこにもない  あの海で君は笑ってた 淋しそうに笑っていた 僕は気付かないふりで遠くの空見てた 浮かんでくる場面には 淡い恋の音がしてた あの日の君が きらきら光ってる
トキメキセンセーション!(Album Mix)PyxisPyxislotta宮崎京一止まらない トキメキセンセーション!  パッと 輝いて もっと トキメいて ギュッと 抱きしめて ずっと センセーション!  凹んでたって 笑ってたって 人生は一度きりじゃん!  つまずいたって 落ち込んだって 素敵に輝かせましょう!  もう一度せぇーので そう 走りだそうよ 一緒にジャンプだ!!  青い空を 飛び越えよう! 抑えきれないよ クラクラしちゃうの…青春ハレーション 胸の奥の coffret開けよう! ドキドキの彼方 この気持ちは ずっと続く 止まらない トキメキセンセーション!  パッと 輝いて もっと トキメいて ギュッと 抱きしめて ずっと センセーション!  時にはちょっと 間違えちゃって 嫌になる日もあるけど  すりむいちゃった ココロはきっと 笑顔が治してくれるよ  さぁ 扉を開けて そう 深呼吸して 一緒にジャンプだ!!  昨日の夢 飛び越えよう! 君となら ゆける どこまでも続く 青春ハレーション 虹の先の 明日を開けよう! ドキドキの彼方 高鳴る胸 走る鼓動 止まらない トキメキセンセーション!  ずっと 広がる未来 もう 待ちきれないよ 一緒にジャンプだ!!  青い空を 飛び越えよう! 抑えきれないよ クラクラしちゃうの…青春ハレーション 届けたいよ!伝えたいよ! 全部本当だよ!! どこまでも光る フォーチュンハレーション 胸の奥の coffret開けよう! ドキドキの彼方 この気持ちは ずっと続く 止まらない トキメキセンセーション!  パッと 輝いて もっと トキメいて ギュッと 抱きしめて ずっと センセーション!
ユメ よ リアル に なれ!伊吹(山本和臣)伊吹(山本和臣)lotta宮崎京一go to the sky high! over the rainbow. go on your own way! ole! ole! jump up your limit! ride on the sunshine. go on your own way! ole!  届けたいよ すぐに この思い 僕らは 今ただ 見つめてる 虹の向こうへ… 空の向こうへ… このまま ゴール目指して  天空に突き上げて 力いっぱい振れ! 夢を描き 未来(あす)を開くフラッグ 追い風に乗って どこまでもゆけ! 順風満帆 ナーバスなんて バイバイ  信条は 有言実行 ことだま は 在る ユメ よ リアル に なれ!  目をそらすな ずっと この思い 勝ち続ければ 見えてくる 今の向こうへ… 次の向こうへ… このまま so ゴール目指して  Don't worry baby! you are the perfect. keep believing yourself! wow wow Don't be afraid of you! you are the perfect. keep believing yourself! wow  きっと変わるから 信じた分だけ そうさ 今日も 前を見て進もう!  状況が 劣勢でも ミラクル は 在る ユメ よ リアル に なれ!  輝くから いつか この思い だから まっすぐ 見つめよう 霧の向こうへ… 雲の向こうへ… このまま so ゴール目指して  Don't worry baby! you are the perfect. keep believing yourself! wow wow Don't be afraid of you! you are the perfect. keep believing yourself! wow wow  go to the sky high! over the rainbow. go on your own way! ole! ole! jump up your limit! ride on the sunshine. go on your own way! ole!  伝えたいよ いつも この思い 熱い 気持ちが 震えてる 君の向こうへ… 僕の向こうへ… このまま ゴール目指して  届けたいよ すぐに この思い 僕ら いつでも 見つめてる 虹の向こうへ… 空の向こうへ… このまま so ゴール目指して  Don't worry baby! you are the perfect. keep believing yourself! wow wow Don't be afraid of you! you are the perfect. keep believing yourself! wow wow
青空鷹取円(島崎信長)鷹取円(島崎信長)mao宮崎京一夕焼け空に浮かぶ雲を見てた 何もできず ただ立ち止まってた  幼い頃に描いてた夢たち 小さなことで すぐ逃げ出して  いつから こんな日に 慣れてしまったのかなぁ 逃げてばかりの自分に サヨナラしたい  大きな 大きな青空 気がつけば涙あふれて ちっぽけな僕を照らし続けていて 大きな 大きな青空 気がつけば笑顔あふれてく そうやって今日が終わっていく  眩しい朝がはじまりを告げてる さぁ出かけよう 新たなドアを開(あ)け  慣れはまだ 遠く届かないけど それでもいい 迷いを捨てて  後悔の日々にもう 俯くことはやめよう 顔をあげたら 自分の足で進もう  果てなく 広がる青空 いつまでも変わらない色で 何時でも僕を包みこんでくれる 果てなく 広がる青空 流れる雲を追いかけるよ そうやって明日を迎えにいく  大きな 大きな青空 気がつけば涙あふれて ちっぽけな僕を照らし続けていて 大きな 大きな青空 気がつけば笑顔あふれてく そうやって未来へ向かっていく
Over the Rainbow相良心相良心相良心宮崎京一きらり ひかり 降り注ぐ 木漏れ日溢れる Today 楽しそうな 笑い声 いつもと同じ道  だけど 何かが 違うのは 神様のいたずらで いつのまにか 動き出す 二人だけの 約束  ねぇ 上手く言えないの 半径200cmの想い 伝えられるかな  Sa・na・na Sa・ra・la♪ 虹のアーチ超えて 色褪せない 溢れる願いを この胸に抱きしめたい  目を合わせ 呼吸を寄せて 歩き出そう 手を伸ばせば ほら 空に届くはず  ふさぎ込んだり 涙して 膝抱えていた Someday そんな時も あったねと いつか君と話そう  今 スタートラインを 踏み出せたら 明日はきっと 光溢れるから  Sa・na・na Sa・ra・la♪ 雨の雫うけて 色褪せてた 閉じ込めた想いを この胸にまた咲かそう  散りばめた 色を合わせて 走り出そう 振り返れば ほら 虹が掛かるはず  Sa・na・na Sa・ra・la♪ 虹のアーチ超えて 色褪せない 二人の願いを この胸に抱きしめよう  目を合わせ 呼吸を寄せて 走り出そう 手を伸ばせば ほら 君に届くはず  振り返れば ほら 虹が掛かるはず
No Surrender大橋彩香大橋彩香こだまさおり宮崎京一I say… 声にならない葛藤は 誰にも見せない鏡の中 そっと触れた涙の痕に咲く 弱さを忘れた新しい顔  頑な今日を言い訳にしたくない わたしの自由でちゃんと選ぶから  歯痒い夢の輪郭が 動き出した光に浮かぶ 自分で掴みに行くんだ 走りたい確かなリアルで 書き足してく未来の先へ どこにだって繋がってると 信じるチカラを手に入れて  I think… 何を羨んだところで わたしの明日には似合わないね じっと凝らす 心の沈黙に 佇むオモイの本当の顔  向き合うイメージ 自意識のスクロール そこにはいつでも正直でいたい  目指した夢の手がかりは 誰でもない自分がいいよ 叫びはまだ小さくても 聞こえる確かな痛みで 今いつより強い決意で 胸に響く鼓動は勇気 わたしの全部で感じてる  歯痒い夢の輪郭が 動き出した光に浮かぶ 自分で掴みに行くんだ 走りたい確かなリアルで 書き足してく未来の先へ どこにだって繋がってると 信じるチカラを手に入れて
最後の花火内田彩内田彩大西洋平宮崎京一もしも最初に知っていたのなら  きっと気付いてないでしょう 浴衣着てきてねの一言が 口火を切った いつもの夏が 特別な夏になった  待ち合わせの改札でも すぐあなたを見つけてしまう 19時まであと1時間 瞬きもしたくないよ 心に形があったなら 恋に色がもしあったなら 今の私 バレちゃうな  打ち上がる花火が あなたの横顔を染めてゆくよ 願いごと 一つだけだよ 神様に届くかな 時間よ止まれ このまま  同じ夜空の下にいた それだから気持ちも一緒と 思っていた でもその瞳は 違う誰かが映ってた  運命にしるしがあったら 恋に音がもしあったなら もっと早く教えて  Bye Bye My Darlin' 花火が何度も私の胸を響かせる 夢を見た 真夏の夜に 時間が流れたなら 熱は消えていくのかな?  もしも最初から知って いたとしても好きになってた だって恋の音がした  Bye Bye My Darlin' 花火があなたの横顔を染めてゆくよ 夏の夜 最後の花火 さよならが来る前に 時間よ止まれ このまま
Go! My Cruising!内田彩内田彩宮崎京一宮崎京一進め! ワン トゥ スリー 希望を手に 踏み出せ その一歩 全身! 全力! 全開! 前進! 旅が始まるんだ  進路OK 準備OK 目指す場所まで Go WAY! Go Tight! Go Fight! Go Right! 信じて進むんだ!  感覚OK 風向きOK 方向定め So Hard?! So What! So far… So Good! 長い旅路へ  手と手強く握れば 辿り着ける 必ず 信じよう きっと 出来るさ 何処まででも 行けるさ 今 帆を高く上げ 自由の海へ そうだ 漕ぎだすんだ  ワン トゥ スリー 胸を張れ! 鐘の音 響かせて 全身! 全力! 全開! 前進! 旅が始まるんだ!  ワン トゥ スリー 希望を手に 踏み出せ その一歩 限界突破! 一点突破! 夢は無敵なんだ!  そう君と描いた 壮大な未来図を手にとって 進むよ! Go My Cruising!  涙や困難だって あるさ 絶対 Go WAY! Go Tight! Go Fight! Go Right! 乗り越えながら GO!  何度もつまずいたって 止まりはしない So Hard?! So What! So far… So Good! 勇気を胸に  虹のコンパスが指す 遠い未知の世界へ 戸惑いや そう 不安は いつも感じてるけど 今 自分信じて 錨上げて そうだ 漕ぎだすんだ  ワン トゥ スリー 声上げて! 迷いを吹き飛ばし 全身! 全力! 全開! 前進! 時が動きだす  ワン トゥ スリー 舵を持て! 行き先告げたなら 限界突破! 一点突破! 君と見る明日  さぁ大海原へ この先で嵐が待ち受けても ここから Go My Cruising!  ワン トゥ スリー 胸を張れ! 鐘の音 響かせて 全身! 全力! 全開! 前進! 旅が始まるんだ!  ワン トゥ スリー 希望を手に 踏み出せ その一歩 限界突破! 一点突破! 夢は無敵なんだ!  そう君と描いた 壮大な未来図を手にとって 進むよ! Go My Cruising!
Angel arrow遠見真矢(松本まりか)遠見真矢(松本まりか)椎名可憐宮崎京一寝坊してられない!今日は日曜日 撫でても跳ねている寝癖に涙目  どうして誘ったんだろ 気持ち 気づいているの? どんな顔して会おうか  ちょっと自転車飛ばして 息きらしたら キラキラしてる海まで ツバメみたいに急ぐよ 愛とか恋とか辞書にないよね? 石頭だと知ってて その胸に矢放つの  波と遊びすぎて はしゃいで疲れて 突然沈黙で 気まずいムードで  どうでもいい話だけ 不自然マシンガントーク 余計自己嫌悪してるの  ぎゅっとシグナル飛ばして だいすきだって ドキドキしてるきもちを 言葉じゃなくて伝える 罪無き笑顔で スルーするよね? 鈍感すぎるきみには 天使の矢刺さらない  そっと友達飛ばして 恋になれたら キラキラしてる横顔 独り占めもうできるの 神様お願い 笑ってないで 勇気与えて下さい きみがすき きっと言う きっと言うわ!
オレンシの風遠見真矢(松本まりか)遠見真矢(松本まりか)椎名可憐宮崎京一オレンジの夕陽が いま街を染めてゆくね あなたの輪郭も やわらかく縁取って  ただ並んで歩くだけで あたたかいきもちになる どんな強い言葉よりも また勇気くれる気がする  お願い ずっとそばにいれたら こうして どこまでも歩こう 明日も 笑っていたいね きっと 私が守るよ 手のばせば そこにあるしあわせが 消えないように やさしい風の中で  さびしさや不安が 瞳曇らせるのなら 長い影の中に 脱ぎ捨ててしまえばいい  何もかもを欲しがるほど もう子供じゃないけれど 当たり前の何かさえも 諦めるなんて悲しい  僕らは ずっとそばで生きてた いつか 大人になったね 不意に あなたが言うから ぎゅっと 泣きそうになるけど 想い出になんてできない だから 終らないで 長い道よ 永遠に  ずっと 同じ夕陽みて こうして 分けあえるように そして みんなでいたいよ I believe あの頃のように  ずっと そばにいたいよ こうして 道は続いてる 明日も 一緒に生きたい きっと 私が守るよ 手のばせば そこにあるぬくもりを 抱きしめたい やさしい風の中で
Licht皆城総士(喜安浩平)皆城総士(喜安浩平)椎名可憐宮崎京一ノイズにまみれた景色 歪むフレームでは 世界は半分が夜のままで 黒で塗りつぶした 胸の闇も  いつから光が灯り 僕を照らしていた 夢中で歩いてた 顔をあげて こんなにも世界は ああ 輝いていた  生まれ落ちた意味も答えも 疑うこと許されなくても きみが 帰る愛しい場所を きっと守るためだけ ただ僕は生きている ここにいる  ナイフで切り取った過去を 指でなぞったなら せき止めた思いが色をつけて 戸惑う僕に降る いま雨に変わるよ  抱えきれない運命でも 痛みでも 僕だけが受けよう きみが 灯したこの光 不器用でもいいから 僕なりのやり方で 守るから  子供みたいに泣きじゃくって はしゃぐ無邪気さ そっとうらやんだ 無垢な感情には あの日 重い鎖をかけて彼方に葬ってた  生まれ落ちた理由を見つけた 信じることの意味も覚えた 降り注ぐ光と笑顔 いつも守るためだけ いま僕は生きている ここにいる  ずっと守ってゆくよ いつか風になっても 守るから
トキメキ☆ロケットpetit miladypetit miladyyozuca*宮崎京一キラ キラ キラ キラ Non Stop! トキメキ☆ロケット!  「初めまして」「よろしく」って 最初のコトバ  他人行儀で笑っちゃうね 二人じゃないみたい きっと ネコ 200匹 きっと 被りまくり よそ行き de ご挨拶 今じゃ考えられない!  あんまりケンカなんて しなかったけど  1度だけキミを少し 怒らせちゃったね  ちょっと 勇気出して ちょっと 素直になって 「ごめんね」って伝えて 笑えてよかった  ありがと  キミと過ごした瞬間はいつも この心でカラフルに輝く 出会えた奇跡を この先もずっと 忘れないで歩いて行くよ ミライ キラ キラ キラ キラ Non Stop! トキメキ☆ロケット!  私にはないモノを持っているキミを 初めて話すけれど 尊敬してるんだょ  あぁもぅ 二度と言わない あぁもぅ テレくさいね/// 二人で真っ赤な顔 なんかまた笑えた  大スキだ  キミと二人で見た世界はきっと いつまでも温かくて優しい これから先も この想いはずっと 忘れないで歩いて行くよ ミライ キラ キラ キラ キラ Non Stop! トキメキ☆ロケット!  ずっとねぇ… 私より私を知ってくれて 味方でいてくれたコト ありがとう  キミと過ごした季節はいつでも この心でときめいて輝く これから先も この景色はずっと 忘れないで歩いて行くよ  ミライ キラ キラ キラ キラ Non Stop! キラ キラ キラ キラ Don't Stop! キラ キラ キラ キラ Can't Stop! トキメキ☆ロケット!
Sweet Rain内田彩内田彩渡部紫緒宮崎京一降り注ぐ雨 出会ったソノサキ あの日を映した Sweet Sweet Rain  抜けるような空の下 楽しげな君を見てた うまく説明できない 特別な何か感じて  突然の雨 偶然装い 駆け込む 君の隣 すぐそばにいる そのくせボクは 何にも言えなかった  何気ないきっかけ 探し続けてた 永遠よりずっと長い一秒 ああ 少しでも続けばいいと 止まない雨 後ろ手に祈ったSweet Rain  目が離せなかった事 君が好きな街の事 雨の事も忘れて 気がつけば夢中だった  動き出す影 溢れる人並み 凛々と咲く君が 不意に微笑む その瞬間(とき)ボクは 息さえできなかった  行き急ぐように過ぎる時をせめて 止められたら いいのにと思った ただ、あの時 たった一つだけ ボクが君に 言えなかった言葉 Sweet Rain  通り過ぎた雨 空に光る虹 吹く風は やさしくて 遠くなる君 手を振るだけで 何にも出来なかった  あの時こうしてればなんて今更 言っても仕方のない事だけど ああ もう少し勇気があれば 今も君と笑ってられたかな Sweet Rain  ねぇもう一度 キラキラ笑う 無邪気な君と Sweet Rain 会えたらいいな 今度は勇気も 持っていくから 待ってて Sweet Rain
Mind-setAiRIAiRIAiRI宮崎京一Where is my heart? Where is my soul?  何処に向かいたいの? 自問自答する度 思ってた自分と違う気がして いつからだろう? 作り笑いが増えて 本音さえ言えずに空回りしてる  「ここにいるよ まだ出来るよ」 空を眺め吐息まじり いつまでも変われなくて それでもまた変わりたくて 抑えつけてた想いを解き放して  Try again 繰り返すよ それでも ただ前を向いて駆け出すのさ So Fly away 今を越えられたら 目指すものが見えるはず 乾いてる心を満たす場所へ  何を知っているの? 勝手な事 言うけど 人の心なんて計れないから 決め付けないで 耳を澄ましてみたら 本当の僕の声聴こえて来るはずさ  夢の中で思いのまま作り出した希望の空 虹色のアーチを抜け 光り放つその世界が 心のなかにあるなら掴み取れる  Try again 踏み出した一歩で 近づくこの先広がる空 So Fly away遅くなんてないさ 失う事恐れずに 高く飛べ心を満たす場所へ  目を逸らし時を数え遠回りをしてきたけど 輝き求め明日へと羽ばたくのさ  Try again 繰り返すよ それでも ただ前を向いて駆け出すのさ So Fly away 今を越えられたら 目指すものが見えるはず 乾いてる心を満たす場所へ
MEMORIAAiRIAiRIAiRI宮崎京一巡り会えた季節の中で この世界を今掴むよ  華やいだ声に包まれた校舎 想い出は ここから始まるよ 仲間達と そう 歩んでく道に 秘められた力を放ちたい  祈りながら呪文唱え魔法かける 流れてゆく時間(とき)の中で その笑顔だけは変わらないで  巡り会えた季節の中で 駆け出してく みんなの背中追いかける 肩を並べ同じ空を見た この想いと光を忘れないで大人になるよ  手を伸ばせば ほら 触れ合える距離に 温もりを いつでも感じてる 独りじゃないから広がる未来に いくつもの足跡を残そう  信じている まっすぐな瞳の奥 重ねてゆく時間の中に新たな絆が生まれること  青い空に夢を描いて この世界をみんなで駆け抜けてゆこう 背中あわせ擦れ違う時も 支え合える心を忘れないで共に歩こう  いつか今がセピア色になり 若き日の写真に変わっても 色褪せない輝き抱いてく 見つけ出した明日を走りたいよ まだ知らない未来の私へ この想いと光を届けながら大人になるよ
Good Job!AiRIAiRIAiRI宮崎京一(せやから) 上司様にお叱りの罵声を浴びて (それでえーやん)(それでもえーやん) 帰り道では雨に降られてびしょ濡れや (それでえーやん)(それでもえーやん) そんなツイてない日もYeah! Yeah! Yeah! (Yeah! Yeah! Yeah!) 愚痴を言えるだけYeah! Yeah! Yeah! (Yeah! Yeah! Yeah!) アンタが傍におるだけで それがHappyや!  履歴書には特技もマトモに書けへんで (それでえーやん)(それでもえーやん) 好き嫌いなく何でも食べるくらいやで (それでえーやん)(それでもえーやん) 誰が決めたんやNo! No! No! (No! No! No!) 秀でる事探せNo! No! No! (No! No! No!) 自分らしくいられるなら それでOKや!  生きてーるだけでそうやWow Wow めっけもんやと思えばいい どうせやったら楽しめWow Wow 人生一回きりや アホでもえー(アホでもえー) 笑ったモンが勝ちや グズでもえー(グズでもえー) 幸せがあるはずや(そやそや)  目が覚めたら 着信ハンパない数や (それでえーやん それでもえーやん) 到着時間とっくに過ぎてお手上げや (それアカンやん めっちゃアカンやん) 顔面蒼白No! No! No! (No! No! No!) 土下座ですむのか?No! No! No! (No! No! No!) あれこれ考えるのなら二度寝しろや そやな  凹んでもいつかそうやWow Wow 話のネタになるんやで やらかしてまう日もあるWow Wow 何とかなるもんやで  生きてーるだけで そうやWow Wow めっけもんやと思えば良い どうせやったら楽しめWow Wow 人生一回きりや アホでもえー(アホでもえー) 笑ったモンが勝ちや グズでもえー(グズでもえー) 幸せがあるはずや(そやそや) (せやから)
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
深海AiRIAiRIAiRI宮崎京一海の底 眠ってた 静けさに包まれ 私は独り穏やかに 水の中 息を潜め そう  あの日 逢った貴方に 引き寄せられて知った青空 外の世界 煌びやかで まるで違う二人は光と陰  手を伸ばし貴方追いかけて 深海から愛の世界へと 泳いだのよ 泳いだのよ 手招きする貴方に逢いたくて そう傷つき 鱗も剥がれて いつのまにか 寂しさが増えて 引き返せないほど迷子になった それでも私は…恋をした  腕の中 寄り添った 温かさ求めて 水面に映る 輝きに 安らぎの記憶重ね そう  あの日 出逢わなければ 何も知らずに過ごしていた 信じてたの 優しい声 とめどなく涙こぼれていく ああ  手を繋ぎ 貴方の肩越し 海を越えて 二人の未来を 探したのよ 探したのよ 光放つ貴方が愛しくて そう幻 気づけば独りで 泡のように 消えてしまうのね 形なき愛から逃げ出せなくて 今でも貴方の…夢をみる  手を伸ばし貴方追いかけて 深海から愛の世界へと 泳いだのよ 泳いだのよ 手招きする貴方に逢いたくて そう傷つき 鱗も剥がれて いつのまにか 寂しさが増えて 引き返せないほど迷子になった それでも私は…また 恋をした
春夏冬ROCK'N'ROLLmilktubmilktubmilktub宮崎京一迷い悩んで巡って 毎日絶賛迷子中 いつの間にか年を重ねて 老けてゆくのか  偶然耳にした テレビに出てたROCK☆STAR 叫んだ歌が道しるべさ 夢と希望の  教えてくれたんだ 歪んだデカイ音 毎日毎晩授業中  春夏冬ROCK'N'ROLL!! 大好きなROCK'N'ROLL!! うるさいミュージック奏で 人生熱くして 踊ろうぜROCK'N'ROLL!! はしゃごうぜPARTY!! 今日は今日で楽しんで 明日へと繋ごう 飽きないぜROCK'N'ROLL!!  大人になって働き 知りたくない事を知ったり なりたくないタイプの奴に 変わりゆくのか  再び耳にした 今だにやってたROCK☆STAR 染みるぜ渋すぎる歌声 今の自分に  支えてくれたんだ ハート震える音 毎日毎晩残業中  春夏冬ROCK'N'ROLL!! 毎日がROCK'N'ROLL!! 落ちてたテンションあげて 大声張り上げて カマそうぜROCK'N'ROLL!! 笑おうぜPARTY!! 後ろ向きな考えは 何処かへ捨て去ろう 今だけはROCK☆STAR!!  ありがとうROCK'N'ROLL!! 大好きなROCK'N'ROLL!! うるさいミュージック奏で 人生熱くして 踊ろうぜROCK'N'ROLL!! はしゃごうぜPARTY!! 今日は今日で楽しんで 明日へと繋ごう 飽きないぜROCK'N'ROLL!!
Imagination > RealityAiRIAiRIAiRI宮崎京一掴みたい明日があるのなら なんど傷ついても 夢をみたくって現在(いま)を超えて行くんだ僕達は  何となく過ぎてく時間に流され ぼんやりと進むだけじゃ 歩いてきた人生(みち)に足跡さえも残せない気がしたんだ  拳を振り上げて向かう場所がある 自分に問いかけ もっと強く踏み出してみよう  掴みたい明日があるのなら なんど傷ついても 夢をみたくって現在(いま)を超えて行け 立ちはだかるものに 目を背けたくない 負けたくないんだ何が出来るのか? 無限の力を信じたいから挑み続けたい僕らはいつも  偶然の出逢いが僕らを変えた あのドアを開けた日から 動き出すジオラマ 虹の向こうへ 全てを懸けてみるんだ  スピードを上げて行く 誰よりも早く 仲間の想いと共にただ ゴールを目指そう  作り出せ!愛を詰め込んで君と飛ぶ力を 絆の分だけ意地をみせてやれ 行き場を無くしても 目を逸らしちゃダメさ 新たな強さを生み出し続けろ 広がるこの世界の真ん中で突き進んで行け輝く明日へ  限りあるReal飛び越えて 無限のImageのその先へ  掴みたい明日があるのなら なんど傷ついても 夢を見たくって現在(いま)を超えて行け 立ちはだかるものに目を背けたくない 負けたくないんだ何が出来るのか 無限の力を信じたいから挑み続けたい僕らはいつも
Powdery SnowAiRIAiRIAiRI宮崎京一ひらひら舞い落ちてる粉雪に願い込めて かすかな冬の匂い この季節に夢をみてた  恋をして君を感じた 優しく巡る記憶  キラキラ光る空に想い出をそっと映し  出逢えた日の あの星空に もう一度届けと ずっとずっと思ってたのに  会いたいよ君のその笑顔 抱きしめて壊れるくらい強く 切ないよ 一人きりの夜 1つだけ願いかなえて 冬の空に祈るよ  ゆらゆら風に揺られ 降り続く雪をみてた 触れたらすぐに溶ける その儚さ胸にしみた  君の腕に守られていた 毎日が消えてく いつもいつも傍に居たのに  消せないよ重ね合った日々 手のひらに残る温もり今も 言えないよ“さよなら”だなんて この愛を失くしたくない 溶けてくよ雪のように  I still love you. So still love you.  会いたいよ君のその笑顔 抱きしめて壊れるくらい強く 切ないよ 一人きりの夜 1つだけ願いかなえて 消せないよ重ね合った日々 手のひらに残る温もり今も 言えないよ“さよなら”だなんて この愛を失くしたくない冬の空に祈るよ  ヒラヒラ舞い落ちてく粉雪に願いを託して
SHINY DAYS!緒方恵美緒方恵美em:ou宮崎京一Wow wow wow…  呆れるくらい簡単だったろ? 新しいセカイへの最初の一歩 「これまでの躊躇は、何だったの…? ヽ(゜Д゜)w」 重い腰 ダイエットの成功祝おう! (  ̄▽  ̄)v  サァ時は満ちた アクセル開けて うまれたての羽根拡げ 空へ yeah!  未来その手の中 Be・Do・Have⇒ SHINY DAYS! ようこそ! ここがミラクル・トワイライト・ゾーン 踏み込んだ今日こそ Happy New Your Birthday☆ 新しい風を受けて 羽ばたいてゆけ 高い空へ!  Wow wow wow…  言い訳しないと決めたんだね プライドやジェラシーとか全部捨てて 「他人(ひと)様の視線(め)なんて気にしない! (`・ω・´)=3」 大きい夢 ターゲットを見据えたんだね(^-^)ゞ  サァ方向(みち)絞れた スピード上げて 俯かずに顔を上げて 空へ…yeah!  未来なんてわからない Be・Do・Have⇒ CLOUDY DAYS! 涙が頬 光る夜があっても 勇気だけが呼ぶ Happy Preparation Day☆ 新しい君がそこに…!  Wow wow wow…  サァ時は満ちた アクセル開けて うまれたての羽根拡げ 空へ yeah!  未来その手の中 Be・Do・Have⇒ SHINY DAYS! さあゆけ! 君の次なるトライアル・ステップ 踏み出した 今日から Happy New Your Everyday☆ 新しい風を受けて 羽ばたいてゆけ 高い空へ!  Wow wow wow… Wow wow wow…
MAD BREAKER花宮真(福山潤)花宮真(福山潤)こだまさおり宮崎京一人の不幸はミツの味だって言うだろ お前らがどんな顔をするか見ものだ  泣けるほどの努力も今日で意味をなくすぜ せいぜい終了までの間もがき続けろ  所詮 才能なんかは壊れりゃガラクタだ 思い知れよ  Bad break 勘違いすんなよ なあ 別に勝ちたいわけじゃないんだぜ 全部ぶち壊してやるさ さあ もっと苦しんでみせろよ ホラ、ここで  キレイ事なら一切通用しないぜ ウザい友情ゴッコはどっかヨソでやれよな  大体 信頼だとかって虫酸が走るんだ イイコちゃんが  Mad break 心底笑えるぜ なあ すぐに諦めさせてやるから そんな青春なんてゲームオーバー 二度と立ち上がれなくなるまで つぶす  言いたいことはそれだけか? そろそろおしまいだ いい顔しろよ  Bad break 勘違いすんなよ なあ 別に勝ちたいわけじゃないんだぜ 全部ぶち壊してやるさ さあ もっと苦しんでみせろよ ホラ、  Mad break 心底笑えるぜ なあ すぐに諦めさせてやるから そんな青春なんてゲームオーバー 二度と立ち上がれなくなるまで 行くぜ
有頂天人生milktubmilktubmilktub宮崎京一面白くない世の中 面白くすればいいさ  「つまらねえ」のが口癖なのは それこそホントにつまらない 文句を言うのは簡単だけど 誰かは何もくれない  走らないけど止まりはしない 誰にも流れる阿呆の血 騒げば騒ぐ程かき立てる なんと素晴らしき日々  面白くない世の中 面白くすればいいのさ 自分で見つけりゃ ほどほどにパラダイスだ  気がつけば何時だって 有頂天人生だ  明日の事が心配なのは 心配しても仕方無い 誰かに聴くのは簡単だけど 誰にもそんなのわからない  立ち向かうけどたまには逃げる 空気を読じゃう阿呆の血 揉めれば揉める程沸き上がる なんと騒がしき日々  今日もお気楽絶好調!  面白くない世の中 面白くすればいいのさ 本気で騒げば 毎日がドラマチックだ 有頂天人生だ  楽しい日々は何時でも 自分から作りゃいいのさ 考えひとつで ポンポコにパラダイスだ!  面白くない世の中 面白くすればいいのさ 自分で見つけりゃ ほどほどにパラダイスだ  気がつけば何時だって 有頂天人生だ
RegenerationAiRIAiRIAiRI宮崎京一あと 一息なのに ヘタって どうしようもないの そう 行ったり来たりの 感情 蹴飛ばさなきゃ  明日の風に ついて行けない ボロボロの服を着たままじゃ シャワーを浴びて洗い流すの 涙も汗も埃も 消えちまえ!  もう 自分ひとりが 置き去りにされるなんて そう 被害妄想 そろそろ終わりにしよ  目を開いたら ほら 見えてくる 踊りだすカラフルな景色 深呼吸して 本当の声を カラダから絞り出すの  Go away 震えてばかりの自分自身の思考達よ 行け 構想の彼方へ いつだって変われるはずさ Regeneration(リジェネレイション)  ああ 捕われてたわ 小さな世界の中  Go ahead 俯くココロを捨て去って 新たな空へと 鳴け 溜めてた分だけ マイナスをプラスにしてく  そして いつか 今を誇れるように もがきながら歩くの 愛を知り 夢を語れるように 未来を信じたい  Go away 震えてばかりの自分自身の思考達よ 行け 構想の彼方へ いつだって変われるはずさ 変わりゆく覚悟があれば Regeneration(リジェネレイション)  もう 捕われないわ 自由なワタシの為。
プリズミックAiRIAiRIAiRI宮崎京一目の前広がる この街の景色 大切に思うんだ 見えてくるもの全て 輝きを放ってる 君との日々の中で 生まれてく花は 空間を飛び越える  まるでプリズム 形を変えながら 鮮やかに色づく 僕たちの宝箱  キラキラ光る未来 君となら行けるよ 何も怖くないさ 歩き始めよう 守りたいのさ君を この手で抱きしめて そのカベを今 乗り超えるから  かけがえないもの それはどんな物? 僕は探してたよ どこに落ちているのか?  出会う事から 教えられた奇跡 大事にしていけば 新しい風が吹く  繋いだ手からいつも感じる温かさ 探してた物はきっとこれなんだ 広がる夢を君と見続けていたいよ 離さない そう君のぬくもり  この地上に降り立ち 作りたいのは 明日へ続く希望の橋  キラキラ光る未来 君となら行けるよ 何も怖くないさ 歩き始めよう 守りたいのさ君を この手で抱きしめて そのカベを今 乗り超えるから
光の標AiRIAiRIAiRI宮崎京一夜にさらわれぬように 月に願い託した  通り過ぎていく時間(とき)を 胸に刻みたいから そう 君との写真を 今も抱きしめてるよ  君はもう眠りにつく頃? 同じ空 見上げ夢をみてる? まるで 子供みたいだね 誰よりも強く求めてる  追いかけてた背中 いつの間にか君を愛しはじめた心 重ねていく日々が 輝く未来(さき)へと届きますように そんな想いをこめて眠るよ  暗く進めない道に 光差し込むように そう 出逢いは世界を 鮮やかに色付ける  君と手を繋いで歩いた どこまでも行ける気がしてるよ 何も 怖いものはない 誰よりも傍に感じてる  生まれだした想い 声に出来ないほど愛しさを増す今も 手招きする君が道標になり私を変えてく今日も  巡り逢えた奇跡 惹かれあう想いを初めて知った 重ねていく日々が 輝く未来(さき)へと届きますように願いを  夜を照らす眩い月に 歩く二人をみてるよ 熱い想いを抱きしめて ただ 朝を迎えたいんだ 明日に届くように このまま
Always Kissing You神谷浩史神谷浩史こだまさおり宮崎京一いつか遠い夜空をひとり見上げるキミに 瞬く星のようなくちづけをあげるよ  変わりゆく日射しにひとりうつむくのなら 舞いあがる花のようにキミを抱きしめるよ  約束はまた未来の分で 不満そうに笑っているね 心配性に見えるかい? 独占したいだけさ  まだ僕らがふたりになる前のこと 思い出してもわからなくて どんな風に立ってたんだろう どんな風に息をしてたかな あの頃と違う温もりが あの頃と違う愛しさが 今ふたりをかたちづくって お互いへと未来を渡しあえたんだ  いつかどうしようもなくキミを泣かせる前に この世界の全てに僕を残したいよ  忘れてしまうほどあたりまえの温度で 心のさざ波にそっと寄り添えたら  過ぎる早さに逆らえなくて だからこそ大切に思う 優しい歌が似合う瞬間を、何度も  まだ僕らがひとり同士だったころ 視線の端に映っていた どこか淋し気な横顔が 誰かを探してるみたいで 思わず割り込んだフレームに 思わず手に取った両手に おしゃべりなくらいの毎日を 送り続けることを約束したんだ  まだ僕らがふたりになる前のこと 思い出してもわからなくて どんな風に立ってたんだろう どんな風に息をしてたかな あの頃と違う温もりが あの頃と違う愛しさが 今ふたりをかたちづくって やっと僕らはひとつになる 淋し気なキミはもういない バカな自惚れだっていいよ おしゃべりなくらいの毎日で 永遠をつなぐように傍にいるから  やわらかい木漏れ日は僕が降らすくちづけ あたたかい雨音はキミと生きる鼓動
Dreamer(TVサイズ)AiRIAiRIAiRI宮崎京一胸の奥が高鳴る 熱い声に気付いたら スタートラインは君の目の前にある まだ見えない道でも走り始めればいいさ あきらめるよりも素敵だと思わない?  いつも不安はすぐそばで 駆け出す想いを締め付けるけれど 今を越えて歩き出す 未知なる未来(みち)に光を 初めてを繰り返し 掴み取れ明日を  そうさ僕達は無限の夢抱きしめ進むのさ 輝いてる 自分を信じたい 立ち上がる力に最大の愛をこめて 思うまま旅立とう 新しい世界の中へ
DreamerAiRIAiRIAiRI宮崎京一胸の奥が高鳴る 熱い声に気付いたら スタートラインは君の目の前にある まだ見えない道でも走り始めればいいさ あきらめるよりも素敵だと思わない?  いつも不安はすぐそばで 駆け出す想いを締め付けるけれど 今を越えて歩き出す 未知なる未来(みち)に光を 初めてを繰り返し 掴み取れ明日を  そうさ僕達は無限の夢抱きしめ進むのさ 輝いてる 自分を信じたい 立ち上がる力に最大の愛をこめて 思うまま旅立とう 新しい世界の中へ  自分の不甲斐なさに 動けない日もあるけど 涙の数だけ強さを求めている まだ見えない未来は 君しだいで変わってく 手探りでもいい 創り始めてみない?  空にキラメク幾億の星と同じ数 願いがあるから いつの時代(とき)も 僕達はいつでも夢を見ている 果ての果て 飛び越えて どこまでも行けるさ  そして僕達の思いは明日(あす)へと続いていくさ 輝きだす 自分を信じてる 立ち止まりながらも 少しずつ現在(いま)をこえて 踏み出した その後に広がる未来が見える  そうさ僕達は無限の夢抱きしめ進むのさ 輝いてる 自分を信じたい 立ち上がる力に最大の愛をこめて 思うまま旅立とう 僕等が描き出す光の中へ
君と僕はそこにいたAiRIAiRIAiRI宮崎京一アルバムをめくれば 笑っている僕等がいた まっすぐな瞳で 同じ夢をみてた  ドロだらけになり 時間を忘れるまで 過ごしたあの日は 今でも 光失くさないよね?  駆け抜ける時間の片隅で 僕等だけの放課後が 素直になれた場所なんだ 覚えてるよ あの一瞬は本当なんだ 君と僕はそこにいた 信じあえたね…嘘じゃなくて あぁ 過ぎていく時、思い馳せて  校舎から見上げる 空はいつも輝いてた やさしい風の中 僕等を照らしてた  はしゃいだ季節が 通り過ぎたとしても 思い出は 今も 優しく 目を閉じれば巡るよ  薄れゆく記憶の片隅で 鮮やかに残るものは あたり前のように おどけてた あの頃 あの一瞬を抱きしめながら 大人へと歩いて行く 僕らを見てる空の下で  青い風に吹かれながら 明日を見てた どこまでも跳べる気がしてたんだ  駆け抜ける時間の片隅で 僕等だけの放課後が 素直になれた場所なんだ 忘れないよ あの一瞬は本当だった 君と僕はそこにいた 信じあえたね…嘘じゃなくて あぁ 過ぎていく時、思い馳せて
青い季節AiRIAiRIAiRI宮崎京一澄みきった空を羽ばたく鳥達に 何故か 僕達を映してしまうんだ  制服の帰り道 僕らだけの基地があって 夢はせて 描いた 白い空へ  そう 僕達はどこまでも飛べるような気がした 支えあえる仲間が傍にいたから そう ありふれた日常が輝いてたね 思い出には いつも君がいたね  卒業してから いくつも季節(とき)が過ぎ 別々の道を歩き始めたんだ  現実につまずいて やりきれない そんな夜 思い出す君の顔 あの日の声  そう 僕達はいつだって明日を信じてた もがきながら 手探りで追いかけてた そう 君が教えてくれた強い思いが きっと今の僕を動かしてる  過ぎ去ったあの日 光を覚えている? 時計の針戻せば ほら 見えてくるんだ  あの 僕達の熱さを忘れたくはないんだ 今思えば 無茶ばかりしていたけど そう 諦めることさえも知らずにいたね 止まらず ただ未来をみていたね  そう 僕達はどこまでも飛べるような気がした 支え合える仲間が傍にいたから そう ありふれた日常が輝いてたね 思い出には いつも君がいたね
マーガレットAiRIAiRI中原涼宮崎京一ささやくように 道ばたに咲いた 静かに私を見つめ 閉じた瞳の奥 見えない答えは 何度も映って消えて  くり返した恋心 零れだして止まらない  始まりを願うと 終ってしまいそう そんな悲しい予感 そっと消せるように 確かめるように 小さな花に託して  天気予報のように キミの想いも予測できたら.......  はらはら 花びら指先に乗せて キミの面影を抱きしめた ほら、こんなに雪のように積もって  ゆらゆら 揺れてく暖かい風が どこか遠くへとさらってく 届きますように白い花に願いこめて  はらはら 花びら指先に乗せて キミへの想いをつぶやいた ねぇ、微かな夢を描いた空に  ゆらゆら 揺れてく暖かい風が どこか遠くへとさらってく 届きますように白い花に願いこめて
愛乞う者AiRIAiRIAiRI宮崎京一僕らの歩む歴史(みち)は 夜に輝く星になるかな? 星座に伝えられる神々も 沢山恋をしたんだ  生まれおちた時から人間(ヒト)は 支え合える誰かを探す  光咲く星の神々も 愛を知って空へと舞い上がり 僕達の未来を見つめて きっと重ね想うだろう 皆、愛乞う者と…  傷つき争いあい 失くしてきた日々もあるけれど 優しい温かさに癒されて 涙が出てしまうんだ  空の下で声を出すのは 生きる意味を知る為かもね?  僕たちは歩き続けてる かけがえない相手(ひと)に出会う為に 幾千の時代を超えても 迷子の惑星のように  僕たちは信じ続けてる かけがえない恋に出会える事 光咲く星の神々も 愛を知って空へと舞い上がり 僕達の未来を見つめて きっと重ね想うだろう 皆「愛を乞う者」
ヒカリAiRIAiRIAiRI宮崎京一空にかかる虹が 明日の方へ 描き始めてる 僕は急ぎ足で 駆け出してく 時をすり抜けて  はしゃいでる横顔をずっと守りつづけたくて 止まらない  光浴びて笑う君に会いたくて 汗をかいて汚れても走り続けるよ 真新しい 絹のなかで 輝いてる 生まれたての小さな宝(いのち)を抱いた愛しい君を見たい  花が咲き誇ってる 冬を越えて優しい風 吹く  ぼんやりと映る影 近づく程に見えてく あと少し  光浴びて笑う君が両手広げ 迎えてくれる夢をずっと見てたから つまずいても 時空をこえて 旅をしたよ温かな景色を想い描いて未来地図を探して  扉越し聞こえてく 幼き命の鼓動 熱くなる  光浴びて笑う君に会いたくて 辿り着いたこの場所を愛し続けるよ 真新しい 絹の中で 輝いてる 生まれたての小さな宝(いのち)を抱いた愛しい君が見えた 光る二人がいた
FLY HIGHAiRIAiRIAiRI宮崎京一膝を抱えながら 夜を数えた 夢を忘れたふりして 臆病すぎて 動けなかった僕に 君は手を指し伸べたね 震える肩を守る様な 優しい瞳 覚えてるよ  「飛び出そう もっと遠くへ」 そんな事を言えるのは どんな時でも見ててくれたから 背中押す 熱い手が 僕を支えている 今 君に届けたいよ そう…この歌を  もっと強くなって広がりゆく世界 君とみられますように  願いを込めて 踏み出してく 笑顔に会えると信じてる  「羽ばたくよ もっと遠くへ」 そんな事を 思うのは どんな僕でも見ててくれたから 不器用で 泣いていた あの日を変えたのは そう 君を感じたから いつも側で  そびえ立った 壁はいつも 簡単に超えれないけど  「飛び出そう もっと遠くへ」 そんな事を言えるのは どんな時でも見ててくれたから 背中押す 熱い手が僕を支えている 今 歌で届けたいよ  君の声が力となり 羽を持てた気がするんだ 見果てない空の向こう 飛べるだけ飛んでみよう 君が僕にくれたものを 愛を持って返したいよ たった一つ言えるのは 「ずっとずっとありがとう」
PiecesAiRIAiRIAiRI宮崎京一空に臨むように 航海する 現実世界の旅 何も持ってないけど 心の中輝いた夢があるよ  まだ聞こえない 君の本当の胸の声 知りたいんだ 素顔を見せてよ  バラバラに散らばった幾つものピースを 1つずつ探して空白を埋めていくのさ 奪われた君の笑顔 取り戻す為に走るよ僕は 光射す道を  君に惹かれ僕は 踏み出してく 新しい世界の中  色を変えてく この空見上げ描きたい 君と二人 笑う未来図を  いつの日か僕達は大人になるけれど 大切な記憶の場所を忘れたくないのさ 失った君の心 見つけ出す為に走るよ君と この長い旅を  ねぇ 憶えているかな? 君が夢みてた明日と希望の色・空  バラバラに散らばった心のピースを 1つずつ探して君に届けたいよ早く 流してた涙拭いて 輝く未来を目指して走るよ 駆け出した描く夢へ 取り戻せるまでこのまま僕は 光射す道を
妄想チャージmilktubmilktubmilktub宮崎京一Good Fine Day ちょっと寄り道 こんな天気がゴキゲンな日は  そうだね たまにゃいいじゃない 流れてく雲眺めるのも  本気を出すのは 明日からにする 今はこの時間楽しむ そんな日があってもいいさ  君と二人 何処でもいい 冷えた梅酒 プハーっと飲んで  君とアレをしたい コレをしたい 妄想でチャージ  充電完了 現実に戻り 今日もぶちかますぜ  Oh my god! 仕事でミスった そんな気分がブルーな日は  よくあるぜ くよくよするのは きっと明日はレベルアップさ  俺の実力は こんなもんじゃないぜ 今に見ていろよ待っていろ こんな日はたまにはあるさ  君の前じゃ デキる男 気取ってたい カッコつけたい  君に惚れさせたい でも足りない 妄想でチャージ  充電完了 気合入れまくり 明日はやってやんぜ  君と二人 何処か遠く 何処でもいい 旅に行きたい  君とアレをしたい コレをしたい 妄想でチャージ  充電完了 現実に戻り 今日もぶちかますぜ
未来地図milktubmilktubmilktub宮崎京一子供だった頃はいつも アレやコレになりたいって  白い紙埋める程 未来の地図を描いた  二十歳過ぎ現実知り どうせこんなもんかなんて  諦めとセットで地図を どこか捨ててないか?  ほんの少しだけ後悔してるなら そりゃ今から遅くはないぜ  いざ行け進め心のままに Fight Go!がんばって行こう! Oh yeah!  人生なんて色々あるさ Fight On!凹んでも上等!  踏み出しカッコつけて 傷つくおまえが カッコいいぜ  言われるがままにいつも 地図を上書きされてた  好きな事好きと言えず 胸の奥に押し込んで  大人になって後悔してるんだ もしあの時言えば良かったと  いざやれ吼えろやりたい事を Fight Go!体当たり! Oh yeah!  運命なんて信じちゃないさ Fight Oh!辛くても上等!  悩んでもがいて おまえが流した涙 カッコいいぜ  突き進むその道の後 何時の日か花を咲かすさ 振り返り笑顔になると 心に決めた信じた道を  いざ行け進め心のままに Fight Go!伝えたい! Oh yeah!  人生なんて色々あるさ Fight Oh!凹んでも上等!  踏み出しカッコつけて 傷つききっと出来る  悩んでもがいて おまえが流した涙 カッコいいぜ
運命AiRIAiRIAiRI宮崎京一切り裂かれた 胸に宿る涙の色は 赤く染まり散る花びら  蒼く揺らいだ月明かりの中 震える手握り締め 冷たく光る刃を潜めて 駆け抜けてく 今宵も  求めては争い 人は何想う 哀しみを背負って行き着く場所 探している  罪を抱いて 戦うそれが運命(さだめ)なのなら 暗き道に光照らしたい 奪われて消えてく明日への願い 秘めたる刃を解き放つ  恵まれし者 嘆きに気付かず 汚れた笑みを纏う 光と影が交錯する世の 歪み拭い去れない  引き裂かれた痛み かき消された夢 焼け跡に暮れては行き場なくし 彷徨うだけ  傷を抱いて 争うそれが人間(ひと)の性なら 救いの道探し続けたい 美しき微笑み戻るその日まで 悲しき刃を受け止める  弱き者は日陰の隅に咲く草花か? 見向きもされず消えてゆくのか?  罪を抱いて 戦うそれが運命(さだめ)なのなら 暗き道に光照らしたい 奪われて消えてく明日への願い 取り戻す為に剣を握る 痛む想いを胸に刻んで 秘めたる刃を解き放つ
二つの足跡AiRIAiRIAiRI宮崎京一出会いは 人間(ひと)を変えていくと聞くけれど 進む心閉ざして 君に初めて嘘をついた 苦しくて 殻を 被る事で守っていたんだ 期待外れなんだと 思われるのが嫌だった 臆病だね  素足の私は呆れるほど 寂しがり屋で幼い  傍にいて 飽きるほどに ありのままの瞳をみて 伝えたい 君への想いは 幾つもある もっともっと 近くに来て 鼓動が今伝わるように 本当は いつまでも君を 感じていたい  もっと 大人の二人になれたのなら 触れ合う指先さえ 違う温度を持つのでしょう 今よりも  傷つく数より 笑えるように 願いをこめて走るよ  いつまでも 隣にいて 見える場所で守っていて 穏やかな日差しを二人で ずっと見続けたい  すれ違って心見えなくなり 冷たい風に吹かれても 今の気持ちを忘れないから 離れないで  傍にいて 飽きるほどに ありのままの瞳をみて 伝えたい 君への想いは 幾つもある もっともっと 近くに来て 鼓動が今伝わるように 本当は いつまでも君を 感じていたい
キンモクセイAiRIAiRIAiRI宮崎京一あの頃と同じ そよ風が吹き抜けてく 君と訪れた 花びら舞い散る丘 あの頃二人は はしゃいでた子供のよう 逢えなくなるなんて思わずに過ごしてた  かすんだ色 君の匂い 想い出溢れだす  あの日見てた すみわたった空に これからの君と僕の未来映した ぎゅっと繋いでた この手の温もりを感じてたかった 今は記憶の中で 忘れないよ  夕暮れの道で 見つけたね キンモクセイ 「懐かしいね」って二人で話したよね  覚えてますか?君だけを見つめてた瞳を  消さないでね 二人の足跡を 胸の中だけでいいから留めていて もっといたかった 一緒にいたかった 別々に歩く事を選んだけれど 忘れないよ  懐かしい色 秋の香り ぼやけてく横顔  あの日見てた すみわたった空に これからの君と僕の未来映した ぎゅっと繋いでた この手の温もりを感じてたかった 今の記憶の中で 忘れないで 忘れないから 君の隣 もういないけど 同じ空を見れないけれど 同じ夢を描けないけど
BondsAiRIAiRIAiRI宮崎京一君が傍に居てくれる奇跡を抱きしめて空へ舞い上がる  涙が溢れてた 突然消えた夢 誰も居なくて 温もりを失い もう独りきりだと思っていた  背中伝う 熱い指先 凍りついた心の鍵を開ける  眠りから覚めた記憶繋いで 追いかけて行くよ 夢の跡 胸の鼓動が導くその場所に 遺された想いがあると信じて  守ってくれていた 何も知らないまま過ごしてたけど 失くして気付く今 託された絆を抱いて走る  瞳の奥 焼け付く昨日 涙は強さとなり天に駆ける  眠りから覚めた記憶開いて 立ち向かって行く あの空へ カラダ流れる高鳴る音感じ 君と手を合わせて未来を拓く  君が傍に居てくれる奇跡を抱きしめて空へ舞い上がる 眠りから覚めた記憶繋いで 追いかけて行くよ 夢の跡 胸の鼓動が導くその場所に 遺された想いがあると信じて
BREAKING!遠藤正明&AiRI遠藤正明&AiRI彩木蔵葉宮崎京一BREAKING THE SILENCE それでもまた明日を目指す この闇の向こうへ導けよ RAY OF LIGHT  渇いてる胸が 駆り立てている たった一人で 立ち向かうバトル  絶望と希望 メビウスのループ 飛び越えたら 何が待ってるの?  奇跡を待ち続け 嘆くことより 倒れるまで 走り続ける方がいい  BREAKING THE SILENCE 雄叫びあげて 斬り裂け CRUSH THE CHAOS それでも また明日を目指す KEEP ON FIGHTING 一筋の光射すまで この闇の向こうへ導けよ RAY OF LIGHT  遠ざかる意識 走る電激 火花散らして 限界のバトル  命を燃やして 刹那に生きる あなたの隣 覚悟は出来てる  仕組まれた運命(さだめ)に 抗(あらが)い続けろ 全てを脱ぎ捨てて その手を振り上げろ  BREAKING THE SORROW 傷口が塞がらなくても NEVER SURRENDER それでも まだブチかませる! THUNDER RISING 戦いの閃光走る 未来を切り開け 怯(ひる)まずに TIME TO GO  BREAKING THE SILENCE 雄叫びあげて 斬り裂け CRUSH THE CHAOS それでも また明日を目指す KEEP ON FIGHTING 一筋の光射すまで この闇の向こうへ…  BREAKING THE SORROW 傷口が塞がらなくても NEVER SURRENDER それでも まだブチかませる! THUNDER RISING 戦いの閃光走る  未来を照らし出せ 導けよ RAY OF LIGHT
My Dream=My Will.緒方恵美緒方恵美橋本みゆき宮崎京一ねえ ありふれた今というこの毎日が ねえ 期限付きのサプライズプレゼントなんだ そう気付くには少し時間かかったけど まだあきらめるにはまるで早過ぎるよ、きっと  子供の頃に見てた憧れのヒーローは いつでも信じてた 自分の手で奇跡を起こすと  ほらまだ見ぬ明日が今日と同じと思うか もっと良い日になるかは全部僕次第だ…  さあ 始めようか あの日やりたかったこと さあ 思い出せ あの日大切だったこと  いつか見た夕暮れもセピア色に染まる なぜだろう 目の前の景色がやけにぼやけていく  今やらなきゃ 本当の僕が僕でいられない 「なれるさ」言い聞かせて…憧れのヒーロー  ほらまだ見ぬ明日が今日と同じと思うか もっと良い日になるかは全部僕が決める!  Believe my soul, believe myself どんな時も Believe my dream, my power... 僕が守る
learn togetherAiRIAiRImilktub宮崎京一ほらそこまでチャンスが迫ってきてる 何かが変わりそうな そんな予感しちゃう  白紙のノート ちょっとずつ埋めてけば それでいいんじゃないかな ゆっくり進めばいい  周りの話を聞くと焦りがない訳じゃないけど 予習の準備はOK Yeah!  最高の時間過ごす為に二人のこれからが 幸せな未来迎えられるように 最初から 一歩一歩始めよう一人じゃできないよ 小指絡めAから始めようよ 二人だけの授業  ねえ聴いてる?もうすぐ夜が更けてく 緊張しているのはお互い様だけど  正直なトコ見よう見真似のままじゃ ゴールが逸れちゃうかも焦らず学べばいい  漫画のようにいければ理想に近づける気がした 現実(リアル)は勉強不足 Oh No!  いつか来る瞬間過ごす為に二人でこれからは 大人への階段昇る為の公式を 一個一個見つけよう一人じゃ解けないよ 見つめあって (a) から探し出そうよ 二人だけの授業  「早い」とか「遅い」は関係ないんだよ 君といるから自然になれる  最高の時間過ごす為に 二人のこれからの 未来を作り始めてく為に 最初から 一歩一歩始めよう 一人じゃできないよ 小指絡めAから始めようよ だからもっともっと学ぼうよ 二人でこれからは 大人への階段昇る為の 公式を 一個一個見つけよう一人じゃ解けないよ 見つめあって (a) から探し出そうよ 二人だけの授業  learn together learn together, tonight
Time has comeAiRIAiRIAiRI宮崎京一キッとすましてた カッコつけていた ずっと抑えてた 込み上げる思いを 素顔を隠して 作り笑いして 踏み出す前に諦めていたんだ  止まる事を知らぬ時計の針は明日を目指し進む  走り抜けろ 現在(いま)の自分追い越して 昔みてた夢をもう一度 立ち止まっていた時間の分だけ 熱い心を抱いて 弱い気持ちを捨てて  伏し目がちだった 決めた枠の中 彷徨い歩く事に疲れていた  夜に覆われてる景色でさえも姿を変えていく  走れ早く 現在(いま)の自分を壊して 高い空に向かい飛びたて 足場のかすんだ不安の分だけ 真っ直ぐ前だけみて  走り抜けろ 現在(いま)の自分追い越して 昔みてた夢をもう一度 立ち止まっていた時間の分だけ 熱い心を抱いて  向かい風が吹きすさんでる だけど止まらない 強い力僕にあること信じて変わりたいんだ ゼロから始まるスタート
You'll never walk aloneAiRIAiRIAiRI宮崎京一凍るような雨が君を濡らしてた 冷たいカラダを抱きしめ必死に耐えてた  大切な何かを失くしたとしても 僕が知る君には 立てる力があるよ だから  目を開いて感じて まだ見えない明日でも 雨雲に隠れた夜空にもキラリと光る星がある  長く歩いた道 思い出してみて 涙を流した分だけ強くなれたはず  写し出す景色が変わったとしても 新しい未来を君なら描き出せる だから  目を開いて感じて ほら見えてくる明日が 暗い夜を越えて空を見て 包み込むような陽が昇る  僕が見守ってるよ 君は独りじゃない決して諦めないで 笑顔とりもどせる だから  目を開いて感じて まだ見えない明日でも 雨雲に隠れた夜空にもキラリと光る星がある 目を開いて感じて ほら待ってるよ明日が 悲しみを乗り越え空を見て 包み込むような陽が昇る
どこまでも貴方と一緒に秋田小町(中原麻衣)秋田小町(中原麻衣)YURIA宮崎京一今 貴方のもとへ 歩き出すわ 何があってもずっと そう離れない  長い髪がそよぐ 風に木々も歌う 甘いメロディ あふれ出すの 貴方へ  目を閉じればいつでも 優しい笑顔 かけがえのない いま  貴方の瞳 その中には わたしがいるの 嬉しくて やっと会えたね 貴方だけと 永遠に見つめ合いたい  どこまでも 貴方と一緒に参ります いつまでも  赤い花はいつも 胸に咲いているわ 熱い想い 届けたいの 貴方へ  たとえ何があっても 変わりはしない この愛だけは きっと  貴方の為に 生まれて来た 信じているわ 今ここで やっと会えたね 夢見てたの ふたりきりの素敵な時間(とき)  どこまでも 貴方と一緒に生きてゆく  いま 貴方の瞳 その中には わたしがいるの 嬉しくて やっと会えたね 貴方だけと 永遠に見つめ合いたい  貴方の為に 生まれて来た 信じているわ 今ここで やっと会えたね 夢見てたの ふたりきりの素敵な時間(とき)  どこまでも 貴方と一緒に参ります いつまでも
夢見る世界が始まるtomorrow朝倉美弥子(寿美菜子)朝倉美弥子(寿美菜子)橋本みゆき宮崎京一明日の先も ずっと先も並んで歩きたいな 君となら 迷わずにどこまででも進もう  曇り空見上げたら 今にも降りだしそう ちいさな雲の隙間 太陽探してみた あきらめるって言葉はあたしには似合わない 必ず見つけたいの 広がる青空を  まぶしい光が射す方へと向かおう いつか二人輝くように  燃えるようなアツイ想い いつでも持っていたい 走り出すそのエネルギーは心に 真っ直ぐにしか進めないわ 不器用でも良いでしょう? 君とならどこまでも行ける予感がするの  「なんとなく。」って言ったら次は許さないから! 自分を持っていなきゃ遣りきれなくなるよ  すこし...頼りない君のその笑顔 だけど...何度も思い出すの  紅く染まるpetitなハート 鼓動は加速してく 止まらないそのエネルギーは君から 明日の先も ずっと先も 並んで歩きたいな 君とだけ夢見る世界が始まるtomorrow  紅く染まるpetitなハート 鼓動は加速してく 止まらないそのエネルギーは君から  燃えるようなアツイ想い いつでも持っていたい 走り出すそのエネルギーは君だよ 離さないで 手をつないで ずっと一緒って言って 君とだけ夢見る世界が始まるtomorrow
RAILWAY→EXIT汐留行(梶裕貴)汐留行(梶裕貴)こだまさおり宮崎京一RAILWAY 僕らはいつもどこでも行けるんだ キミが望むなら  ワクワクしてた 理由(わけ)もなくただ そんな感覚は忘れちゃった? 背伸びしてたら 知らないうちに ハシャギ方なんか無くしちゃった?  きっとオトナ達のほうがうまく ハメをはずせてるかも  RAILWAY 僕らはすぐに息切れの限界まで 走らなくちゃって思うけど MY WAY 見過ごしていた出口はどこかへの 入り口なんだよ  いつもの時間 いつものシート 自分のダイヤは乱せない? 今日はトクベツ ひと休みして その価値観から降りてみる?  街は変わり続けてるから キミも新しい靴で  NEW WAY 歩きに行こう ナビゲートしたいな キミが笑ってくれるから YOUR WAY 勇気を出して遠征した今日を 僕も忘れない  RAILWAY 僕らはすぐに息切れの限界まで 走らなくちゃって思うけど MY WAY 見過ごしていた出口はどこかへの 入り口なんだよ
世界を壊せmilktubmilktubmilktub宮崎京一夕方に目を覚ます日々で ふと気がついた雑踏の音  煙吐きぼんやり考えた いつから俺は間違えたのか  この世を生きたまま 死んでいるのか 景色が透けてく  真夜中過ぎに輝きだす 黒い太陽が導く 旋律の銃言葉の弾丸 壊して欲しい この世界を  Wow...Please break the world  耳の奥聴こえてくるのは 悪魔の声と後悔ばかり  膝抱え時計の音だけ ディレイで響く ただ響いてく  死んでもなりたくねえ 生きたまま ほら、奴等に近づく  紫色の地平線に 黒い太陽沈んでく 爆音の中吠える武器で 壊して欲しい この世界を  Wow...Please break the world  流砂に呑まれ朽ち果ててく 同じ日々繰り返す 旋律の銃言葉の弾丸 壊して欲しい この世界を  Wow...Please break the world
REVOLUTION -超革命-佐藤ひろ美佐藤ひろ美佐藤ひろ美宮崎京一鼓動が走る 誰も僕を止める事 デキナイ 勇気が滾る 燃える炎消す事も デキナイ  いつも胸(ここ)にある 果てない夢が だからイケル  僕達のRevolution 奇跡起こすのさ 君達のResolution 見せてくれよ  最高のBATTLE 最強のFighter さあ 勝利を奏でよう  波動が巡る 仲間の手を握るとき GO! FLY!! 元気はきっと 笑顔の中にあること 知ったよ!  いつも信じてる Realな友情 だからイケル  僕達のRevolution 未来変えるのさ 君達のEvolution 超えていこう  狂熱のGAME 信頼のPartner さあ 拳を掲げよう  僕達のRevolution 諦めず進もう 君達のRevolution やれるはずさ  僕達のRevolution 奇跡起こすのさ 君達のResolution 見せてくれよ  最高のBATTLE 最強のFighter さあ 勝利を奏でよう
Speedmilktubmilktub桑島由一宮崎京一まだあふれてる 胸の奥にあるもの  きみも覚えてるはず 旅立った夜のこと 忘れたふりしてもそこにある 大人の仲間になり 窓を閉めて目を伏せた 疲れた顔をしてどこ見てる?  思い出せよ乗り込んだ列車 始まりの日  俺たちの旅は続く 破れた地図は捨てていけ 昨日よりも確かに近づいてく 俺達のスピードは加速していく  きみが捨てたチケットは 俺がもう拾ってある いつだって準備はできている 恐れることなにもないはずさ 増える傷は旅人の証 きみはすぐに目を覚ますだろう 立ち上がれ  俺たちの夢はデカく 世界を変えてみせるんだ 明日よりももっと遠くへと 俺達のスピードは上がる  失くしたふりしても君は 忘れることのないものが あるのを知ってるんだ だから隠さないで  ほら胸の奥 夢がまだあふれてる
ヨロシクRED ZONE後藤邑子後藤邑子畑亜貴宮崎京一がむしゃらに飛ばして HI TENSION 乗り越えてきた 何もかもを それなのにエンジンカブる わからない 私には直せない  立ち止まってみて 気がついたコト やっぱり君がいなくちゃ、だ!  走り出せ それぞれが独りのままでいい 心だけ繋がって 夕焼けに染まれ なびく髪を 後で見つめていて アクセルぐいっと RED ZONE!!  変わらない路 変わる景色 青い時代(とき) まだ忘れちゃいない おとなでもガマンできず 大声で泣きたいよ 辛い夜  臆病じゃない 悲しいだけさ 突然君に会いたくて  知らないよ訳なんて ただ一緒にいれば 大丈夫この時が最高に燃える こわれるまで 全開スピードの中 ピーキーだって RIDE ON!!  知らないよ訳なんて ただ一緒にいれば 大丈夫この時が最高に燃える 走り出せ それぞれが独りのままでいい 心だけ繋がって 夕焼けに染まれ なびく髪を 後で見つめていて アクセルぐいっと RED ZONE!! ぐいっと RED ZONE!!
さくら日記UR@NUR@NUR@N宮崎京一ひらひら花びら舞い踊る キラキラ晴れた日曜日 鏡の中笑ってみせる 初めてのPERFUMEつけた  ヤッホー! 平気な顔したけど ココロはクラクラしてた  PINKのキモチが生まれちゃってから 見慣れた景色も宝石になるよ ぎこちない 私を笑わないでいて 初恋の世界  放課後 夕日に染められた二人だけの甘い記憶  ねぇ忘れないで この空 ずっと繋いでてね この手を  PINKのキモチがリアルになってく チャイムが鳴ったら側に行きたいの 溶けてく 私を嫌(や)にならないでね 初めて見つけたさくら咲く世界  あなたが最初にくれたプレゼント マシュマロみたいなトロケそうなKISS 照れてる私はあなただけのもの 夢見る私を抱きしめていてね まぶたを閉じても 何年経っても あなたが見えるよ さくら咲く未来
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 風のゆくえ
  2. 世界のつづき
  3. ウタカタララバイ
  4. COSMOS
  5. 新時代

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 新時代
  2. ウタカタララバイ
  3. Scream
  4. 逆光
  5. 私は最強

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照