試聴する

言葉狩りの詩

この曲の表示回数 3,121
歌手:

うみのて


作詞:

笹口騒音


作曲:

笹口騒音


台所では
はらわたを出された魚が跳ねるのを笑ったという

食卓では
まだ動くその肉を笑ったという

ナチの収容所では
足を切った人間が
切られた人間を笑ったという
切った足に竹を突き刺し歩かせて
ころんだら笑ったという

ある療養所では
義眼を入れ
かつらをかむり
義足をはいて
やっと人の形にもどる
欠落の悲哀を笑ったという
笑われた悲哀を
世間はまた笑ったという

笑うことに
苦痛も感ぜず
嘔吐ももよおさず
焚き火をしながら
ごく自然に笑ったという

夜の塀のむこうでは
びっこの月を笑うという
可能性の裏には
方輪の海が広がるという

やましさの欠片もなく
誰かの悲しみを歌にしよう
その歌は売れるだろう
あなたの悲しみは売れるだろう

血も汗も流さずに
くたびれ儲けの銭が欲しい
そんな歌が歌いたい
そんな夢を叶えたい

ああ君に幸せあれ
健やかなる時も
病める時も
いついつまでも笑顔でいておくれ
もっとずっと
汚れてくれ

汚してくれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:言葉狩りの詩 歌手:うみのて

うみのての新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-05-20
商品番号:DCRC-85
DECKREC/UK.PROJECT

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP