金色の雨

この曲の表示回数 2,712
歌手:

大木彩乃


作詞:

大木彩乃


作曲:

大木彩乃


テレビの声が伝える
「星が落ちて来るでしょう」
私はスカートの裾広げて
空を見上げた

せみの鳴かない夏が
心を不安にさせた
去年の今頃は
こんな日を信じなかった

風が止んでしまった7月を焼きつけて
まだ居ないあなたもこの未来も
どこへ行くの?
消えて行く空は誰かの願いにかわる

常に鏡を見つめ
自分を忘れないように
顔をなぞる指があたたかくて
涙 溢れる

先のない風景が
明日を映す術もなく
焦る私たちを寄せ付けずに
沈んでる

最期に見るものは彼じゃなく私じゃなく
瞼の裏側に映し出した赤い光
消えてしまうわ 夢を光にかえて

風が止んでしまった7月を焼きつけて
まだ居ないあなたもこの未来も
どこへ行くの?
消えて行く空は 誰かの願いにかわる
誰かの星になろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:金色の雨 歌手:大木彩乃

大木彩乃の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-07-23
商品番号:VICL-60441
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP