眠る魚

この曲の表示回数 2,088
歌手:

大木彩乃


作詞:

大木彩乃


作曲:

大木彩乃


滲む指先を裂きながら
流れる空を見た
雨を呼んで
埃残る街を沈めて

漏れる蛇口の水の匂い
なぜか懐かしくて
色の薄い唇から
唄がこぼれる

忘れる瞬間が増えることで
深い自由に気付き始めたの

もしもあなたが目の前から
消えても構わない
温もりまで奪う川で
私は眠る

冷えた流しに飾りましょう
鉢植えクローバー
幸せなど見えなかった
風に揺れても

あふれる毎日も
草の露も
胸に映るままに振舞えたらいい

暗い真昼の針の調べ
近づく雨足に
涙流すことはないと
風が呟く

薄れる憧れを振り返って
今を嘆くような日々はもう来ない

低いトタンを軋ませては
消えてく水玉が心地よくて
瞬きさえままならないわ

もしもあなたが目の前から
消えても構わない
温もりまで奪う川で
私は眠る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:眠る魚 歌手:大木彩乃

大木彩乃の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-07-23
商品番号:VICL-60441
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP