雨を待つ五月

この曲の表示回数 1,698
歌手:

大木彩乃


作詞:

大木彩乃


作曲:

大木彩乃


次の駅で終点の
レールは続いてる
滑る景色に動かない曇り空
ガラスに頬つけた
路線バスの砂埃
時を連れ去ったら
止まることない寄せて返すリズムが
町を包み始める

ただ引きずってたことを
全て忘れて
濡れた空気が乾いた咽に
重く冷たい

錆びた屋根が啼いている
雨を待つ五月

青い草を引きちぎり
風に投げ捨てた
色添える様に咲き乱れてる花も
土で汚れている
深い皴の老人が
俯きすれ違う
潮の香りに閉じ込められた町で
何を求めているのだろう

どこにいても変わらない
痛みを抱いて
無理に笑って作る明日は
もういらない

緑の海どこまでも
私を魅きつけて
空へ続く心だけ
雨を待つ五月
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨を待つ五月 歌手:大木彩乃

大木彩乃の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-07-23
商品番号:VICL-60441
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP