すかんぽ

この曲の表示回数 6,655

土堤の上ですかんぽは
レールの間に立っていた
急行ごとに気を付けをし
人の旅するを眺めていた

埃にまみれ、煙を吸い
肺をわずらい、うらぶられた
哀れな草、弱い茎
眼あり、心あり、耳もある

汽車は去り、汽車は近づく
哀れなすかんぽは
鉄道ばかり見て暮し
かつて汽船を見たことなし


※原詩を載せております。
楽曲の歌詞、及びタイトルは一部異なる内容になっております。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:すかんぽ 歌手:高田渡

高田渡の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP