回想列車

この曲の表示回数 5,808
歌手:

真空ホロウ


作詞:

松本明人


作曲:

真空ホロウ


たいして生ききれぬこの時代を 歩くのがもう怖くて
少しだけ 虚ろ気に揺れる車窓に
添って意味のない溜め息で 吐き出した今日のハイライト
でもすぐに 地下鉄の闇に吸い込まれる

毎日 同じ名前の 同じ景色が広がることさえ
並んだレールの 違う世界の街かもしれない
何にも 分からないけど 変わらないかもしれないけれど
本当のわたしは 何処にいてもいい 何を観てもいい
眼を伏せ わざと乗り過ごし着いた其所は からっぽの終点

来年 あなたが隣に居たって 愛すのはまだ怖くて
少しだけ 距離を置き乗るは3番線

だって あなたの温もりなんて 信じきる方がツラクて
ほら既に 回想は闇に切り離された

毎日 同じ景色を 同じわたしが生きてることさえ
並んだ世界の 違うわたしの夢かもしれない
何にも 分からないとか 変わらないとか決めつけてるけど
本当はあなたが居てくれるから わたしが居るの
全て無意味でもあなたの温もりが わたしだけの終点
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:回想列車 歌手:真空ホロウ

真空ホロウの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-04-08
商品番号:ESCL-4400
ERJ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP