試聴する

Living In The Town

この曲の表示回数 3,273
歌手:

和久井映見


作詞:

五島良子


作曲:

五島良子


夢の中で 理由もなく
泣いた朝
小さなキッチンに かけこんだ
懐しい 玉ネギの匂いがして
こじらせた風邪にしみてきた

ガラス玉を信じて
首飾りにしよう
不揃いな思い出 つなぎながら
ひとりじゃ いられない
つくづく思うけど
私に 似合う日が
いつか この街に

壁にかけて 眺めてた
フォトグラフ
眠れない夜は気になるの
新しいシャツを着た 私がまだ
何にも知らずに笑ってる

ラジオから 流れだす
ニュースを聴きながら
扉の向こう側 愛しくなる
あきらめきれるなら
それも素敵だけど
私に 似合う日が
きっと この街に

ガラス玉を信じて
首飾りにしよう
不揃いな思い出 つなぎながら
ひとりじゃ いられない
つくづく思うけど
私に 似合う日が
いつか この街に

ラジオから 流れだす
ニュースを聴きながら
扉の向こう側 愛しくなる
あきらめきれるなら
それも素敵だけど
私に 似合う日が
きっと この街に
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Living In The Town 歌手:和久井映見

和久井映見の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-01-25
商品番号:PSCR-5434
ポリスター

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP