どこにいてもだれといても

この曲の表示回数 3,395
歌手:

和久井映見


作詞:

康珍化


作曲:

石川Kanji


惹かれてるそんな気持ち
無理やりブレーキかけていたのは

そう 前の彼女のこと
なんとなく気にしすぎたから

声をかけてもぎこちなくて
似合わないふたりって思ってた

でも どこにいても
だれといても あなたのこと
ぼんやりと考えてた
吐息はあなたを想った数

ねぇ さっきランチタイム
正面の席 わざと選んだ

とてもちいさな出来事から
運命はとつぜん走りだす

もう どこにいても
だれといても あなたのこと
いつだって気になってる
素直になるのが くやしいほど

目が合うとふたりだけに
わかる電波が来る
友達のエリア越える
瞬間さがして

もう どこにいても
だれといても あなたのこと
ぼんやりと考えてる
あとはもうふたりは
タイミングね
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:どこにいてもだれといても 歌手:和久井映見

和久井映見の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993/08/25
商品番号:PSCR-5034
ポリスター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP