プラチナ

和久井映見

プラチナ

作詞:康珍化
作曲:門倉有希
発売日:1994/04/25
この曲の表示回数:3,108回

プラチナ
イヤリングだけを変えて急ぎ足で来た
あなた先に約束の店で待ってた
ねぇ 食事のあとで
近くの公園まで歩いたけど
なんだかぎこちなくて

あのとき特別な一日になると思った
小さな噴水に腰かけ
跳ねる水の音 聞いた
付き合いはじめみたいに

映画だってずっとひとりきりで観た
仕事だけのそんな横顔をうらんだ
もう 恋の終わりの合図と
友達からおどかされて
本気で気になってた

あの夜 特別な一日になると思った
言葉に詰まるたび何度も
深く深呼吸したね
あんな顔はじめて見た

平凡すぎて
笑われるかな
きみをいつまでも
守りたい そう言ったね

ねぇ 不思議な夜

あのとき特別な一日になると思った
あなたがポケットに
隠してたちいさなリング
空にはプラチナの満月
もっと眩しい何かを
あなたがくれた気がする

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

リアルタイムランキング更新:AM 4:15

  1. 瞼の母

    中村美律子

  2. モノクローム

    中原麻衣

  3. FANTASY

    ERIKA

  4. Notebook

    buzzG

  5. Danger Danger

    MIYAVI

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成