試聴する

地獄

この曲の表示回数 6,909

銭でも降ってこないかと
アホ顔で空を見上げれば
慰めみたいな粉雪が
灯油臭いジャンパーに落ちる

閉じ忘れた瞼の奥に
朝日が差し込んでくる
バイト雑誌を放り投げ
冷めたメシに箸を突き立てる

過去を消せる消しゴムをくれよ
ついでに今を消せる消しゴムをくれよ
天国なんてものからは程遠く
暮らしというよりはむしろ地獄

笑っちまうのはそれでも明日を信じていることさ

引き出しの奥の小さなアルバムを
パラパラとめくってみれば
あの頃のぼく 今のぼくに問い掛ける
「よう、調子はどうだい?」「上々だぜ」

今を描く鉛筆をくれよ
ついでに未来を描く鉛筆をくれよ
天国なんてものからは程遠く
暮らしというよりはむしろ地獄

笑っちまうのはそれでも夢を信じていることさ
笑っちまうのはそれでも明日を信じていることさ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:地獄 歌手:野狐禅

野狐禅の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-12-17
商品番号:WHCD-55
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP