菜の花情歌

この曲の表示回数 21,286
歌手:

永井裕子


作詞:

阿久悠


作曲:

四方章人


三日つづいた 西風が
夜の終わりに ふと止んで
窓を開けたら 一面に
菜の花咲いて 春でした
これなら沖から見えるでしょう
沖の舟からわかるでしょう
わたしがきれいになったのが

陸を黄色に 染めたのは
わたし迎えて ほしいから
千も万もの ハンカチを
並べたような つもりです
これなら沖から見えるでしょう
沖の舟からわかるでしょう
わたしが本気になったのが

朧月夜の 菜の花は
恋のしとねに なるでしょうか
そんな想いに 頬そめて
夢みて暮らす わたしです
これなら沖から見えるでしょう
沖の舟からわかるでしょう
わたしの涙が光るのが
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:菜の花情歌 歌手:永井裕子

永井裕子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-04-02
商品番号:KIDX-730
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP