石見路ひとり

この曲の表示回数 27,849
歌手:

永井裕子


作詞:

吉岡治


作曲:

四方俊明


心変わりを 尋ねてみても
あなたの心は 帰らない
唐人坂に 銀の雨
石見路ひとり……
夢の花火か 曼珠沙華
花を散らして あゝ風が立つ

昔そのまま 寄り添うような
今夜は温泉津に泊ります
生意気ですが 湯上りに
地酒をちびり……
問わず語りに 海鳴りと
酔ってからんで あゝ泣きますか

五百羅漢に お参りしたら
反り橋渡ってバスに乗る
金木犀が 匂いたつ
石見路ひとり……
未練ごころを 少しずつ
捨てて笑顔で あゝ帰りたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:石見路ひとり 歌手:永井裕子

永井裕子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-03-28
商品番号:KICM-30067
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP