和江の舟唄

この曲の表示回数 20,722
歌手:

永井裕子


作詞:

吉岡治


作曲:

四方章人


酒の終わりは 丼(どんぶり)めしに
煮汁(にじる)ぶっかけ 掻(か)き込んだ
そんなあんたが いとしくなって
男やもめに お節介
わたしはかもめ あんたはやもめ
和江(わえ)の港の かくれ妻

無理はしないで 人それぞれに
流れ浮(う)き寝(ね)の 過去をもつ
女房きどりで つくしてみても
いつも勝てない 影がある
わたしはかもめ あんたが命
和江の港の 風に泣く

夕日背にして あんたの船が
波にもまれて 帰る頃
セリで高値が ついたらいいね
髭(ひげ)の笑顔が 見たいから
わたしはかもめ あんたは漁師(おとこ)
和江の港は 日本海
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:和江の舟唄 歌手:永井裕子

永井裕子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-06-25
商品番号:KICM-30148
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP