さいはて噺し

この曲の表示回数 8,714
歌手:

松平健


作詞:

池田充男


作曲:

弦哲也


海からひゅるひゅる 舞いこむ吹雪
のれんをくぐれば 客ひとり
柳葉魚(ししゃも)を炙(あぶ)る 煙(けむ)のなか
俺を見つめる その女(ひと)は
派手な服着て 髪を染め
なれたしぐさで 酒をつぐ…

訳あり女が 赤提灯に
情(なさけ)の一文字 書きいれて
だれかを待って いるという
そんな噂が 気にかかり
途中下車した 港町
俺のあいつじゃ ない女…

どちらをまわって さいはてですか
流氷みたいな 旅ですか
明るく笑う つめたさよ
俺のあいつは どこにいる
今度逢ったら 離さない
やけに熱燗 身にしみる…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さいはて噺し 歌手:松平健

松平健の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-09-17
商品番号:TECA-12551
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP