琥珀の記憶

この曲の表示回数 6,861

見つめ合い触れ合ったふたり
痛ましい傷跡にキスした

銀の魚
跳ねるたびゆれる水面
この景色いつしか琥珀に変わだろう
決して色褪せない確かな記憶のせて
この想い集めて琥珀に閉じ込めたら
透明なこころで 明日へ歩き出せるから

哀しみの中でさえキミの
存在が眩しくてとまどう
金の調べ
時告げる鐘は響く

激しさも熱さも琥珀に姿変えて
光るただ静かに あの日のすべて込めて
輝きを隠して 囚われたくないなら
過去へと流されて 明日が見えなくなるから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:琥珀の記憶 歌手:いとうかなこ

いとうかなこの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-12-10
商品番号:FCCV-0026
Frontier Works Inc.(PLC)(M)

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP