有明海

この曲の表示回数 54,817
歌手:

北山たけし


作詞:

田久保真見


作曲:

弦哲也


流せなかった 幾千粒の
なみだは海に 捨ててきた
胸にのこった 傷あとは
逃げずに生きた 証だろ
有明海に 陽が沈む
こころの闇を しずかに照らし

何も語らず 教えてくれた
親父の背中 思いだす
攻めて勝つのは 運の良さ
守って勝つが 強さだと
有明海に 星が舞う
孤独を友に 夜空を見れば

鉛色した 波間に一羽
カモメの白さ 君に似て
たった一つの 真実を
つらぬき通し 生きてゆく
有明海に 陽が昇る
はてない闇を 消し去るように
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:有明海 歌手:北山たけし

北山たけしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-04-23
商品番号:TECA-12517
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP