第五楽章「Sonata」

この曲の表示回数 5,357
歌手:

KAMIJO


作詞:

KAMIJO


作曲:

KAMIJO


ソナタを掻き立てる 美酒となる血はどこに
蹄の音に重なった 鼓動が踊り出す

密猟に明け暮れた 欲望に狂った私は
その手が奏でゆく旋律に救われたのだ

さぁ友よ この狩りが終わったら
教えてくれ その力の秘密を

吸わないとでも言うのか?
愛した人間の為に
彼は言った「美しい旋律は血の代わりとなる」
Ah まるで鏡には映らない運命の様
青くて未熟な私は

愛し方もまだ知らない耽美主義者だから
熱く燃えるような血を飲み干してしまう
偉大すぎる友の教え 彼はすでにその耳を

愛し方もまだ知らない耽美主義者だから
赤くとけるような血の代わりには出来ない
殺し方もよく知らない耽美主義者だから
熱く燃えるような愛さえも飲み干してしまう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:第五楽章「Sonata」 歌手:KAMIJO

KAMIJOの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP