かあちゃん

この曲の表示回数 42,528
歌手:

島津亜矢


作詞:

増田空人


作曲:

増田空人


最後にかあちゃんと 話しをしたのは
木枯らし吹き荒れる 二月半ばの寒い夜
小さなかあちゃんが ひび割れた手で
背中丸め寒い中 おれに酒買うて来てくれた
そんな優しいかあちゃんが
風邪を引くなと寝る前に
湯たんぽ入れてくれたのに
口を閉じて冷たくなったのは
粉雪ちらつく 夜明け前だった

いつもかあちゃんは 素顔のままだった
通夜(さいご)の夜はおれの手で 薄化粧させてくれ
いつもかあちゃんに 苦労かけてきた
最後に紅をつけた時 優しい笑みを浮かべてた
明日には旅立つかあちゃんの
側に今夜はいたいのさ
かあちゃん聞こえるかい 最後のわがままを
おれとかあちゃんの 思い出話しを
いっぱいいっぱい 話すから聞いてくれ

いつかおれも 天国へいったなら
親孝行するからそれまで のんびり暮らしてな
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:かあちゃん 歌手:島津亜矢

島津亜矢の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-12-11
商品番号:TECA-12490
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP