その名はふるさと

この曲の表示回数 6,563
歌手:

平浩二


作詞:

ちあき哲也


作曲:

筒美京平


一番列車に とび乗って
ふりむきふりむき ふるさとを
あゝ後にして かれこれ三年もう四年
広い 広い 都会の隅で
人目しのんで 書いた
宛名も忘れた手紙を 誰が読む

この瞳をとじれば 好きな人
帰れと呼ぶのは お母さん
あゝ忘られぬ あの山あの河白い雲
帰る 帰るつもりで買った
古い切符がひとつ
今ではあたしの心の たからもの

春にはれんげが 咲きみだれ
夏には蛍が 夜を飛ぶ
あゝ秋の風 真冬はちらちら ぼたん雪
時が 時が経つほど 何故か
じんと瞼に浮かぶ
その名もやさしい遥かな ふるさとよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:その名はふるさと 歌手:平浩二

平浩二の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-04-23
商品番号:HMCD-1014
プライエイド

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP