試聴する

海峡終列車

この曲の表示回数 11,715
歌手:

多岐川舞子


作詞:

かず翼


作曲:

岡千秋


風に舞い散る 粉雪が
まつげで溶けて 涙をさそう
つれて行ってと すがった胸に
遠い海鳴り 聞くなんて…
バカね未練ごごろが 凍りつく
愛はまぼろし 海峡終列車

ベルが急かせて 閉まるドア
ふるえる指が あなたをなぞる
明日へ着けない 真冬の駅に
ひとり残して 行かないで…
バカね後ろ姿の 夢なのに
時刻(とき)を止めたい 海峡終列車

海に消えてく 窓灯り
思わず走る プラットホーム
呼んで戻らぬ ぬくもりならば
いっそ知らずに いたかった…
バカね女ごごろが 砕け散る
あなた返して 海峡終列車
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:海峡終列車 歌手:多岐川舞子

多岐川舞子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-10-24
商品番号:CODA-2005
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP