1977

GRAPEVINE

1977

作詞:田中和将
作曲:亀井亨
発売日:2013/04/24
この曲の表示回数:39,067回

1977
愛してたと云った
愛してたと云ったのは聞こえた
なのにふっと流されてった

これが最後のシーンだって思えないが
ほら最後のメロディーが鳴ってる
これが最後のセリフなんて思えないが
刻まれるのはこんなもので

慣れてきたものの
日差しはいつかの風を運んで
すぐに夏を連れてきそうだ

ここで最後のメロディーが流れたら
この醒めたふりも水の泡
ここで再会するような大団円はない
けど他に展開はないのかい

愛してたと云ったとこで
響くRidin' in my car
映画みたいだなんて笑って

これが最後のシーンだって思えないが
ほら最後のメロディーが鳴ってる
これが最後のセリフなんて思えないが
憶えてるのはこんなもので

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

リアルタイムランキング更新:PM 9:00

  1. うっせぇわ

    Ado

  2. もう少しだけ

    YOASOBI

  3. 夜に駆ける

    YOASOBI

  4. 廻廻奇譚

    Eve

  5. 栄冠は君に輝く

    山崎育三郎

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成