ガラスの心で

この曲の表示回数 15,085
歌手:

WANDS


作詞:

上杉昇


作曲:

柴崎浩


太陽が僕をのぞき込む
窓の外ゆっくり 時間(とき)がすぎてく
こんな日は君と二人きりで
はじめてキスをした 遠い海岸へくりだそう

なつかしい防波堤 うつむき歩けば
気が狂いそうで
窮屈に生きている自分を感じた
そして込み上げる Tragedy

どれだけ時がゆけば 笑い合えるのだろう Oh No
まぶしい遠い日の海のようなガラスの心で

『孤独』という自由の中で
何が僕に出来る? 誰か教えてよ
手を取り 涙 見せ合えるほど
そんな仲間さえ もう取るに足りない思い出

明日はいつでも わかりきっているのに
スマ一トに生きる誰かの
瞳の奥は見えない
そして一人にふるえる

どれだけ時がゆけば 笑い合えるのだろう Oh No
まぶしい遠い日の海のようなガラスの心で

どれだけ歌ったなら 君に届くのだろう 0h No
はてしなしい遠い日の空のようなガラスの心で

どれだけ時がゆけば 笑い合えるのだろう Oh No
まぶしい遠い日の海のようなガラスの心で
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ガラスの心で 歌手:WANDS

WANDSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-02-02
商品番号:BGCH-1007
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP