ふたりの夜汽車

この曲の表示回数 36,342
歌手:

西方裕之


作詞:

麻こよみ


作曲:

水森英夫


石より痛い 噂の礫(つぶて)
逃(のが)れて来ました ふるさとを
世間を捨てて 過去を捨て
汽車を乗り継ぐ 北の駅
あなた後悔 してないですか
汽笛ひと声 ふたりの夜汽車

二人の膝に コートを広げ
あなたに寄り添い つなぐ指
私がそっと 身を引けば
丸く収まる はずでした
心細さに 震える夜ふけ
頬に涙の 最終夜汽車

命を重ね あなたと生きる
罪なら一生 背負います
港の町か 山間(やまあい)か
明日(あす)はどこまで 流れ行く
離れられない 離れはしない
星が見つめる ふたりの夜汽車
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ふたりの夜汽車 歌手:西方裕之

西方裕之の新着情報

  • 散らず花 / ♪やさしい男に女は惚れて
  • 北放浪 / ♪旅は男を無口にさせる
  • ぼたん雪 / ♪その胸貸してくれますか
  • なさけ雨 / ♪忍ぶ恋路に灯をともす
  • 細雪 / ♪泣いてあなたの背中に投げた

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-01-23
商品番号:KICM-30486
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP