天国行きのバス

この曲の表示回数 3,508
歌手:

関口和之


作詞:

関口和之


作曲:

関口和之


裸の太陽 夏に身を投げてから
眠れない夜たち 背中にまといつく
遠くかすんでく 追憶の片隅で
夢を集めながら膝を折る人々

誰か天国行きのバスを知らないか
午前一時の街に探す慈悲の断片(かけら)

ライトを落としたキャラバンはやってくる
近い場所(ところ)までは連れて行けるという

いつか天国行きのバスにすれ違う
うそぶく隊長はどこかで見た Dirty Face
誰か天国行きのバスを知らないか
午前一時の街に彷徨う羊たち

あの苦い夏 鉛色の
染まりゆく景色に
震えてただけ

誰か天国行きのバスを知らないか
心をかきむしる 灼(あか)い渇望の夏
俺を連れ出してくれ ここからどこか遠く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:天国行きのバス 歌手:関口和之

関口和之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-10-24
商品番号:VICL-63910
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP