加藤隼戦闘隊

この曲の表示回数 46,388

エンジンの音 轟々と
隼は征く 雲の果て
翼に輝く 日の丸と
胸に描きし 赤鷲の
印はわれらが 戦闘機

寒風酷暑 ものかわと
艱難辛苦 打ちたえて
整備に当る 強兵が
しっかりやって 来てくれと
愛機に祈る 親ごころ

過ぎし幾多の 空中戦
銃弾うなる その中で
必ず勝つの 信念と
死なばともにと 団結の
心で握る 操縦桿

干才交ゆる 機星霜
七度重なる 感状の
いさおの蔭に 涙あり
ああ今は亡き 武士の
笑って散った その心

世界に誇る 荒鷲の
翼のばせし 幾星霜
輝く伝統 受けつぎて
新たに興す 大アジア
われらは皇軍 戦闘隊
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:加藤隼戦闘隊 歌手:軍歌

軍歌の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-08-04
商品番号:VICL-62025
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP