サヨナラ花火

この曲の表示回数 3,290
歌手:

タダシンヤ


作詞:

多田慎也


作曲:

多田慎也


風車回る 店先にひとつ
君が駆けてくる 気がするよ
暗くなる空を 見上げる人たち
午後四時の通りを 包んでる 空気の中

蝉時雨遠く 鳴いて未来を生きていく
昨日の僕らも今どこに

君の言葉をかき消したあの花火 いつだって心に咲いてる
僕らにもう同じ季節が来ないこと ふたりともなんとなく気付いてた

逃げ込んだビルの ガラスの向こう側
雨粒が道路を叩いてく
はしゃいで微笑い合う ふたりも映ってた
時だけが過ぎていくんだと 思ってた

夕立のあとに ふっと風は止んでいた
人込みに手を引いていく

夜空光らせて消えてったあの花火 現在(いま)だって心に咲いてる
二度と叶うことのない願いだけれど もっと大事にすればよかったな

出会いも別れもただ 泡沫の光のように

君の言葉をかき消したあの花火 いつだって心に咲いてる
僕らにもう同じ季節が来ないこと ふたりともなんとなく気付いてた

誰も忘れられぬ人を想いながら また出逢えるそんな日を待ってる
さよなら でもありがとう またいつかね 遠い遠い明日の何処かで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:サヨナラ花火 歌手:タダシンヤ

タダシンヤの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-06-16
商品番号:XQIG-1003
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP