試聴する

東京、さよなら

この曲の表示回数 3,800
歌手:

タダシンヤ


作詞:

多田慎也


作曲:

多田慎也


東京。あんなに憧れた空 いつからか気付いていた
もう何もここにないこと

8時。ホームをのぞみが滑る
送りにはいかないよと それも君らしかった

すぐケンカして 仲直りしたんだ
ふたりの長過ぎた春は 永遠には短過ぎた

さよならから 切ない旅が始まる 想像の切れ間に 並んで見た花の風
すぐかれる声も長過ぎる髪も 全て似合っていて 君に恋をした

夢と思い出に名前つけて 段ボールに閉じ込めた
後悔も生きた証

きっとはじめての明日ばかり
お互いに選ぶような 不器用な愛だったんだ

欲しがっていたプードルの名前も
とうとう決められなかった 誰かとちゃんと話してね

どこかでまた 僕たちが出会えるなら
何度もあきらめた 花火を見に行こう そして
人込みが苦手な君のその手を強く 握りしめて 離さずにいよう

さよなら今 僕たちは走り出した もう同じ季節は 違う空の下巡る
希望など何一つなかった街で 君の笑顔だけが 僕は好きだった

幸せになってね
ずっと微笑って暮らしてね バイバイ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:東京、さよなら 歌手:タダシンヤ

タダシンヤの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-03-19
商品番号:XNLM-12062
エイベックス・マーケティング

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP