遊飛行

この曲の表示回数 3,574
歌手:

丸山圭子


作詞:

丸山圭子


作曲:

丸山圭子


まぶたを閉じると あなたを浮かべる
瞳の中のやさしさ
急いで大人に 近付こうとする
あなたの深い溜め息

青空の下で 子供のように
無邪気に戯れた 遊飛行
倒したシートで 口づけをした
私は二十歳の顔をしてたわ

いつか別れが くるのを知ってた
気づいたら 本気になってたの

いつでも笑って ごまかしていたわ
まぶしいほどの輝き
夢中で私を つかまえようとする
電話のベルがやまない

夜明けに海へ 車を飛ばす
街から逃げ出した 遊飛行
映した写真に 笑んでいる
あなたと私は違いすぎるわ

仕事も友達も描いた夢さえ
気づいたら 二人を遠ざける

いつか別れが くるのを知ってた
気づいたら 本気になってたの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:遊飛行 歌手:丸山圭子

丸山圭子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-08-28
商品番号:SFJP-1004
インディーズ・メーカー

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP