試聴する

帰郷

この曲の表示回数 3,834
歌手:

Suara


作詞:

未海


作曲:

光田英生


ふいにほどけた 右のスニーカー
結ぶその姿は 幼き日の僕

白いライン スタートに立ち
見ていた夢(もの)は 何処(どこ)だろう?

いつの間にか大人になった ただ背が伸びただけの子供だ
懐かしい街も景色をかえてく 僕 ひとりをそのまま残して

「走り続けた日々もあったね」と
友と語るは まだまだ後にしよう

どんな事も出来る気がした
あんな強さが欲しいだけさ

そうさ 僕ら大人になった でも自由を持て余す子供だ
色あせた記憶 繰り返す朝も
故郷(ここ)で ずっと そっと待っている

いつの間にか大人になった ただ背が伸びただけの僕でも
ありがとう いつも 勇気の欠片(かけら)を
「また帰るよ」 小さなこの街
思い出だけ そのまま残して
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:帰郷 歌手:Suara

Suaraの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-10-26
商品番号:KIGA-11
F.I.X.RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP