ひとり歩き

小柳ルミ子

ひとり歩き

作詞:なかにし礼
作曲:さかうえけんいち
発売日:2005/03/24
この曲の表示回数:30,023回

ひとり歩き
彼と別れて来たとこなのよ
そんな風じゃないでしょう
泣いてもいないし くやんでもいない
いつもの私に見えるでしょう
悲しい時には 悲しみと
仲良く出来る私なの
ちょっとそこまで でかけて来ます
港のあの街 歩きたい

誰がこわした訳でもないの
風が消した恋だから
恨みもしないし 困らせもしない
もともと一人の私たち
悲しい時には 悲しみと
お話したい私なの
ちょっとそこまで でかけて来ます
港の灯りを見ていたい

彼を今でも愛しているわ
それは嘘じゃないけれど
すがりもしないし 追いかけもしない
いつかはわかると思うから
悲しい時には 悲しみを
大事にしたい私なの
ちょっとそこまで出かけて来ます
港の風に吹かれたい
港の風に吹かれたい

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:お名前(ペンネーム可)必須
性別:
  任意
年齢:
 歳 任意
投稿フレーズ:必須
曲名:必須
歌手名:必須
コメント:必須
歌ネットに一言あれば:任意

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

×